주요 기사 바로가기

バングラデシュ、新型コロナ飲み薬を1錠93円で販売

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.11 09:49
0
米製薬会社のメルク・アンド・カンパニー(MSD)が開発した初の飲み薬型の新型コロナウイルス治療剤「モルヌピラビル」のジェネリック(後発医薬品)がバングラデシュで安価で発売されるとダッカトリビューンなど現地メディアが9日に報道した。

メディアによると、バングラデシュ医薬品管理総局(DGDA)は前日にバングラデシュの製薬会社ベクシムコ、レナタ、エスカイエフ、スクエアの4社のジェネリック販売を承認した。このほかにも製薬会社6社が承認を待っている。

ベクシムコは9日からジェネリックエモリビルの販売を始めた。ジェネリックの価格は1錠当たり70タカ(約93円)で、治療に必要な1セット当たり2800タカで販売される。この薬は1回4錠ずつ1日2回、5日間で40錠を服用するのが1セットになっている。レナタは1錠50タカで販売する計画だ。これに先立ちニューヨーク・タイムズは米政府がメルクと購入契約を結び、患者当たり712ドルと策定し170万セットを注文する予定だと伝えた。

価格が高いという議論が起きたことから、メルクは先月末に「開発途上国も安くアクセスできるようモルヌピラビルのジェネリック生産を許容する」と明らかにした。国連傘下の医薬品特許プール(MPP)を通じアフリカとアジアなどの105カ国にロイヤルティ免除を許可した。バングラデシュのほかインドの製薬会社8社も当局のジェネリック販売承認を待っている。

メルクのモルヌピラビルは注射などにより医療陣が投与する代わりに患者が錠剤を服用すれば良く、新型コロナウイルス治療剤のゲームチェンジャーと呼ばれる。新型コロナウイルスによる重症化率・死亡率を半減できるという独自の臨床結果があった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    バングラデシュ、新型コロナ飲み薬を1錠93円で販売

    2021.11.11 09:49
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルスの初の飲み薬。
    TOP