주요 기사 바로가기

「5歳に想像できない恐ろしいことを…」 エチオピア大虐殺の絶叫(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.09 11:09
0
「5歳児の皮膚を剥がして殺すというようなことが起こっている。もっと怖い事例が必要ならばもっと話すことができる。どんな証言でもするからどうか関心を持ってほしい」

エチオピア首都アジスアベバに住むカルディさん(18、仮名)は毎日恐怖に震えて隠れて過ごすティグレ族の一人だ。約600万人と推算されるティグレ族はエチオピア人口(約1億1800万人)の6%を占める少数民族。彼らの主な本拠地である北部ティグレ州でティグレ人民解放戦線(TPLF)が反旗を翻して内戦を始めた昨年11月以来、ティグレ族は反乱軍との関連が疑われるのではないかとおそれて息を殺して生きてきた。最近、TPLFが首都進撃を目前にしてティグレ族を相手にした報復殺戮と略奪が強まっている。カルディさんは7日、中央日報とのメッセンジャーインタビューで「今エチオピアで起きているのは戦争ではなく民族浄化」となげいた。

7日(現地時間)、ロイター通信などによると、この日アジスアベバには数万人の人々が集まってティグレ反乱軍と戦っているアビー・アハメド首相政府を支持するデモを行った。これに先立ち今月2日、エチオピア政府は「反乱軍が深刻で、緊迫した威嚇を加えている」として国家非常事態を宣言した。カルディさんによると、その時からアジスアベバの混沌は極に達している。

警察は各家を捜索してティグレ族だという理由で男性を連行したり、公共住宅に住むティグレ族を追い出して街頭にさらし者にしたりしている。政府で仕事をしていたティグレ族は働き口を失った。非常事態宣言以降、政府の統制を受けているラジオとテレビ放送では「ネズミのようなもの(ティグレ族)を追放しなければならない」という嫌悪発言が繰り返し流れている。ティグレ族は他種族と容貌で見分けはつきにくいが、エチオピア公式言語のアムハラ語ではなくティグリニャ語(Tigrinya)を使う。

カルディさんは「市当局が市民に対して武装しろと呼びかけるくらいの状況でどんなことがまた起きるのか分からない。皆は怖くて隠れているだけ」と話した。アビー首相は先月31日、「反乱軍に対抗してすべての市民がどのような武器でもいいから手にして戦ってほしい」と要求することもした。英国日刊紙ガーディアンは「政府が民間人に武器を持つよう奨励するのは特に嫌悪発言が広がるこの状況で残虐行為の危険を高めている」と指摘した。アムネスティ・インターナショナルは「エチオピア内の暴力を擁護するソーシャルメディアの掲示物が驚くほど増加している」と懸念した。

首都内の事情はまだ良いほうだ。カルディさんは「北部都市ホゼンではエチオピア国防軍(ENDF)がある女性の子どもたちを家の外で引っ張ってきて目の前で殺した。軍人は子どもの死体を収拾したらその女性も殺すと脅し、母親は家の前に置かれた子どもたちの死体を何日間も見続けなければならなかった」とし「これはその光景を直接見た人が伝えた内容」と強調した。

さらに「政府軍はわれわれの精神を崩壊させるためにわざと子どもたちを狙っている。他の都市では政府軍が5歳の子どもの皮膚を生きたまま剥いだ。その子どもは苦痛で気絶し、過多出血で死んだ」とし「この話が怖くないなら、いくらでももっと証言することができる。どうか関心を持ってほしい」と呼びかけた。

カルディさんは「各地で組織的な性的暴行と民間人虐殺が起きているが、私の家族が住むところでは通信も途切れて連絡もできなくなっている。政治的な問題を離れてこのような種類の憎しみがこの国に蔓延した状況を伝えたい」と訴えた。 「5歳に想像できない恐ろしいことを…」 エチオピア大虐殺の絶叫(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「5歳に想像できない恐ろしいことを…」 エチオピア大虐殺の絶叫(1)

    2021.11.09 11:09
    뉴스 메뉴 보기
    エチオピアの国旗 [Pixabay]
    TOP