주요 기사 바로가기

オバマ氏に会った日本原爆被害者の記憶「閃光とキノコ雲」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.09 09:30
0
広島工業専門学校(現・広島大学工学部)に通学中だった20歳の坪井直(すなお)さんはその朝、御幸橋を渡り学校に向かっていた。一瞬、目の前にものすごい光が閃くと、突然の衝撃で約10メートル飛ばされ、意識を失った。目が覚めた時、目の前には光は消え、黒い帳が広がっていた。坪井さんは後日「私はキノコ雲の下にいた」と語った。1945年8月6日、米国が広島に世界初の核兵器「リトルボーイ(Little Boy)」を投下したその日だ。坪井さんは原子爆弾が爆発した「爆心地」から約1.2キロ離れた場所にいた。

◆生き地獄、核戦争の「生き証人」

坪井さんは過去のインタビューで「気がついたら全身にひどい火傷を負って、耳はちぎれていた」と当時を振り返った。「周辺には数えきれないほど多くの死体が燃えていた。1人の少女は、右目の目玉が顎のところまで飛び出しぶら下がっていたし、別の女性は体から飛び出た内臓を押さえていた。ある老人の肺は胸にくっついているのがやっとだった。数十年経っても坪井さんの脳裏に鮮やかに残っていた記憶だ。

もうすぐ死ぬと思った。石を拾って地面に「坪井はここに死す」と書いた。どこかで彼を探し回っている家族や友人が自分の遺体を回収できるように残す目印だった。3日間、昼夜息子を探し歩いた母親は、「もう帰って葬式を挙げよう」という叔父の言葉に息子の名前を叫び、その声を坪井さんが聞いたことで劇的に親子が再会を遂げた。

そうして家族の元に帰った坪井さんが先月24日、享年96歳でこの世を去った。ワシントンポスト(WP)は5日(現地時間)、「世界が核戦争の恐怖を初めて目撃した、そして国際的な反戦平和運動家として第2の人生を歩み始めたその日以来、坪井さんは自身と周囲の予想をはるかに超え、それから76年も生きた」とし、彼の生涯を特集した。

生き地獄に生き残った対価は大きかった。顔面にくっきりと残るやけどの跡は誰もが彼が「被爆者」ということを知らせたし、放射能も伝染するというデマのため差別を受けた。愛する人との結婚も命がけだった。彼女の両親がいつ死ぬか分からない被爆者との結婚に反対すると、睡眠薬を飲んで心中まで試みたのだ。結局、結婚に成功した坪井さんは、妻の鈴子さんとの間に息子と2人の娘をもうけ、7人の孫が生まれた。

生涯、後遺症にも苦しんだ。放射線曝露により再生不良性貧血を患い、2週間ごとに輸血し、数度にわたりがん診断を受け、入院だけで11回を超えた。そのうち3度は重態に陥った。実際、死因も貧血による不整脈だった。坪井さんは2015年のインタビューでは「なぜ私が生き残り、こんなに長い間生きているのか分からない」とし「考えれば考えるほど(その経験を)思い出すとつらい」と吐露した。

数学教師だった坪井さんは、毎年8月になると生徒たちに核兵器の惨状の体験を語った。中学校の校長として引退した後は、本格的な反転運動に取り組んだ。日本原水爆被害者団体協議会(被団協)代表委員として世界を回って活動し、2016年に米国の現職大統領として初めて広島を訪問したバラク・オバマ大統領にも会った。若い頃、原爆を投下した米国に対して「このやろう」という憎しみを抱えていた坪井さんは、当時の面会について「感情だけは(言葉にしなくてもよく通じて)通訳が必要なかった」と語った。

坪井さんは生涯、「私たちは次世代に私たちが経験した恐ろしい話を伝え、世界中に同じ失敗を繰り返さないように促すべきだ」と主張してきた。だが、彼が生涯夢見てきた「核兵器のない世界」は実現するだろうか。実際、坪井さんも実現できない夢だという指摘を否定はしなかった。それでも彼は言い続けた。「それでもあきらめてはいけない。ネバーギブアップ(決してあきらめないで)。」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    オバマ氏に会った日本原爆被害者の記憶「閃光とキノコ雲」

    2021.11.09 09:30
    뉴스 메뉴 보기
    オバマ元米大統領(写真=中央日報DB)
    TOP