주요 기사 바로가기

弟の薬物使用波紋が広がる中…パク・ユチョン、新曲発表「最初からもう一度」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.08 16:03
0
歌手パク・ユチョンが今月5日、新アルバム『Da Capo』を発売した。昨年11月にリリースしたミニアルバム『RE:mind』以降1年ぶりとなる。

パク・ユチョンは音源サイトのアルバム紹介を通じて「初めから再び『Da Capo』、曲の一番最初に戻ってさらに深く成熟した音で曲を終えるように、私たちは時に新しい開始を通じて人生の一チャプターを完成しなければならない」とし「長く待ってくださったありがたい人々、新しく出会った良い人々、彼らと一緒にやり取りした感情の流れを自ら書いた歌詞に入れてみた」と明らかにした。

一方、パク・ユチョンが新しいアルバムをリリースする2日前の3日には、彼の弟である俳優パク・ユファンの麻薬容疑関連の報道が出た。警察によると、パク・ユファンは昨年12月にタイ・バンコクのある飲食店で韓国人2人と一緒にマリファナを吸っていた容疑がもたれている。

パク・ユチョンは2019年4月、メタンフェタミン(別名ヒロポン)を使用した容疑で拘束・起訴された後、同年7月1審で懲役10月・執行猶予2年を宣告されて釈放された。当時パク・ユチョンは麻薬使用などで物議をかもしたことに対して謝罪して芸能界から引退する意思を明らかにした。

しかしその後パク・ユチョンはこれを翻して2020年1月、海外でファンミーティングを行った。同年3月には公式インスタグラムを開設するなど芸能界復帰への準備を始めた。そして同年11月にはソロアルバム『Re:mind』を発表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    弟の薬物使用波紋が広がる中…パク・ユチョン、新曲発表「最初からもう一度」

    2021.11.08 16:03
    뉴스 메뉴 보기
    歌手パク・ユチョン(左)と弟のパク・ユファン
    TOP