주요 기사 바로가기

「武漢コロナ」報じて逮捕された中国の市民記者、生命が危険な状況 「一人で歩くことができない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.08 09:04
0
昨年2月、中国武漢地域の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)状況を外部に知らせたという理由で逮捕されて懲役4年を宣告された中国の市民記者、張展さん(38)が断食によって生命が危険なほど健康が悪化したと伝えられた。

7日(現地時間)、香港サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)によると、張展さんの兄の張挙さんは「妹の状態が夏よりもはるかに悪化した状態だ。生命が危ない」とし「家族は妹が今年の冬を越せない場合もあるのではないか心配している」と明らかにした。

張挙さんは「今年8月刑務所の医師が(身長177センチで)体重が40キロしかなかった妹が命を落とすことになるかもしれない点をすでに知らせた」とし「今は40キロをはるかに下回ると思う」と話した。

張挙さんは「先月、母とオンライン面会をしたとき、張展の状態が非常に悪く、一人で歩くことさえできなかった」とし「弁護士が治療目的の仮釈放を申請したが承認される可能性は極めて低い」と伝えた。

あわせて「張展が(監獄で)死んで世の中がその事実を知らない場合もあるというのが怖い」とし「彼女の存在は中国では認められおらず、検閲のせいで中国のほぼすべての人々は張展がどのようなことをしたのか知らない」と吐露した。

前職が弁護士の張展さんは昨年2月、中国で初めて新型コロナの大規模な流行が発生した武漢地域を取材し、当局が住民に十分な情報を公開しないで都市を封鎖したと批判する文章と映像をインターネットに掲載した。

張展さんは同年5月に「公衆騒乱」容疑で武漢で逮捕され、昨年12月に上海浦東新区の裁判所で懲役4年を宣告された。

張展さんは逮捕直後から断食抵抗を始めたが、当局は彼女の胃に管を挿入して強制的に栄養分を供給したと弁護人が暴露した。

アムネスティ・インターナショナルの中国担当活動家であるグウェン・リー氏はSCMPに対して「当初、張展さんは武漢で何が起こっていたのかを明らかにしたという理由で起訴されるべきではなかった」とし「張展さんの有罪判決は人権に対する恥ずべき攻撃」と非難した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「武漢コロナ」報じて逮捕された中国の市民記者、生命が危険な状況 「一人で歩くことができない」

    2021.11.08 09:04
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP