주요 기사 바로가기

「サムスン電子級の企業5社作る」…安哲秀氏の大統領選公約第1号は「G5入り」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.04 18:05
0
野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表が大統領選出馬宣言後初めての公約として「科学技術を育成しG5(主要5カ国)入りする」と明らかにした。

安代表は4日午後に国会で記者会見を行い、5つの分野で「超格差」科学技術を確保してこれを基にサムスン電子級のグローバル大企業を5社以上作りG5入りするという内容の「5・5・5公約」を発表した。安代表は「超格差とは2位が到底追いつけない格差。半導体業界の無限競争の中でサムスン電子が固守した戦略」と説明した。集中育成すべき技術分野では二次電池とディスプレー、小型モジュール原発(SMR)、水素エネルギー、バイオ産業などを挙げた。

これを実現するために政府組織改編、革新的な科学技術支援体系構築、未来人材養成と確保、規制革新の4種類の戦略を提示した。安代表は「科学技術副首相職を新設し、民間が主導し政府が支援する形態の大統領直属国家未来戦略委員会を設置して運営する」と話した。また、「国家研究開発成功率が90%に達するのは成功できることだけしているため。国家未来戦略産業支援特別法を作って支援体系を再構成する」と付け加えた。

未来人材養成と確保案としては超格差分野大学、専門研究要員服務代替プログラム拡大などに言及した。続けて「生命安全に向けた規制は撤廃してはならないが、新産業規制は現在のように固く締めつけてはならない」として「規制革新処」を作る考えを示した。

これに先立ち安代表はこの日午前、京畿道安養(キョンギド・アンヤン)の自動運転ベンチャー企業を訪問し自動運転車に試乗した。医師でありITベンチャー企業創業経験がある安代表が科学技術専門家としての面を強調した動きと解説される。安代表は「中国は化学工学を専攻した習近平国家主席が、ドイツは物理学博士出身のメルケル首相が率いている。科学技術専門家の大統領が必要だ」と主張した。

野党「国民の力」の一部大統領候補は党内候補選出を1日に控え、大統領選挙で安代表との一本化の意志を表明した。劉承ミン(ユ・スンミン)元議員はこの日記者らと会った席で「候補になれば安代表と一本化交渉に着手する。(安代表の)望み通りにすべてする用意もある」と話した。元熙竜(ウォン・ヒリョン)元済州道(チェジュド)知事もラジオインタビューで「(安代表と)個人的に良いつながりが多い。疎通やケミストリ(調和)がよく合う」と話した。

安代表は一本化計画を問う質問に「当選するために出た。『国民の力』が譲歩してくれれば圧倒的に政権交代できる」と一蹴した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「サムスン電子級の企業5社作る」…安哲秀氏の大統領選公約第1号は「G5入り」

    2021.11.04 18:05
    뉴스 메뉴 보기
    大統領選挙出馬を宣言した国民の党の安哲秀代表が4日に国会で公約第1号となる「G5経済強国入り戦略」を発表している。イム・ヒョンドン記者
    TOP