주요 기사 바로가기

安哲秀氏、3度目の大統領選出馬宣言…野党候補一本化の質問に「私が政権交代する」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.02 12:02
0
安哲秀(アン・チョルス)国民の党代表が1日、「政権交代を越える時代交代をする」とし、大統領選への出馬を宣言した。無所属候補で出馬して途中で辞退した2012年、21.4%の得票率で3位だった2017年に続いて3度目の大統領選挑戦となる。

この日午前、国会の芝広場で宣言式を行った安代表は「過去を掘り起こして生きる歴史の寄生勢力と完全に決別し、大転換・大革新の時代を開いていく」とし「国家経営のための挑戦をする」と述べた。続いて「既得権の両党が看板選手ばかりを交代させる政権交代は『積弊交代』だ。今はもう状況を変えて、より良い大韓民国をつくることができる大統領が必要だ」と主張した。

「当選すれば任期半ばに中間評価を受ける」という破格的な公約もした。安代表は「任期半ばに与野党が合意する調査方法で国民の信頼を50%以上受けることができなかったり、第22代総選挙で私が属する政党が第1党にならなければ潔く退く」とし「他のすべての候補にも中間評価の約束を勧告する」と強調した。国民の力の大統領選候補との野党候補一本化については「私は当選を目標に出てきた。私が政権交代をする」と述べ、一線を画した。

国民の力の大統領候補らはこの日、「DJP(金大中+金鍾泌)連合式の勢力連帯で共同政府を創出できる」(洪準杓議員)、「安代表は政治で多くの役割をしたが、相応の待遇を受けることができなかった。意思疎通をしている」(尹錫悦前検察総長)、「候補になればすぐに一本化を推進する」(劉承ミン元議員)などと積極的に「ラブコール」を送った。

政界では安代表が当分は独自路線で自身の価値を高めるという見方が多い。ただ、野党統合圧力が高まるほど独自完走が難しいという予想もある。李俊錫(イ・ジュンソク)国民の力代表は「武運を祈る」という短いコメントを残した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    安哲秀氏、3度目の大統領選出馬宣言…野党候補一本化の質問に「私が政権交代する」

    2021.11.02 12:02
    뉴스 메뉴 보기
    安哲秀(アン・チョルス)国民の党代表
    TOP