주요 기사 바로가기

【盧泰愚元大統領死去】体の弱い少年からソウル五輪開催まで(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.26 17:56
0
◇6月抗争と直接選挙制改憲

任期末まで不安な「ナンバー2」として過ごした盧元大統領は1987年3月に全斗煥元大統領の後継者に事実上指名された。「大統領選挙は現行憲法(間接選挙)のままでやるほかない」と宣言する1カ月ほど前だった。民正党の大統領候補としては6月2日に公式に推薦された。1週間後の10日に開かれた大統領候補指名全党大会は「6・10抗争」の余波で催涙弾の煙の中で行われた。盧元大統領は「その日、現行の憲法ではこの難局を克服できないと考えた」と述懐した。

1週間の長考の末に盧元大統領は17日に朴哲彦(パク・チョルオン)安全企画部長特別補佐官を家に呼び、「直接選挙制にするしかない。準備をしてほしい」と指示した。6月抗争が絶頂期へ向かった時期だった。元大統領と野党総裁に相次いで会った全元大統領も「直接選挙制しかないのではないか」と白旗を揚げた。回顧録によると初めに「難しくないか」と反問した盧元大統領は続けて「すべて(私に)任せて関与しないでほしい」と答えたという。その後に誕生したのが大統領直接選挙制を骨子とした「6・29宣言」だった。盧元大統領は「李丙ギ(イ・ビョンギ)補佐役に『私の人生最高の絶頂がきょうこの瞬間だと思う』と話した」と述懐した。

彼は「普通の人」というスローガンを前面に出し1971年以降で初めて行われた大統領直接選挙で約36%の得票率で第13代大統領に選出された。野党候補の一本化が失敗し票が分裂したのも大きかった。

◇ソウル五輪招致と開催

ソウル五輪は盧泰愚政権の象徴だ。彼は全斗煥政権時代に総責任者として五輪を招致し、大統領として在任する間にこれを成功させた。過程は順調ではなかった。当時の金沢寿(キム・テクス)国際オリンピック委員会(IOC)委員が「韓国が得られる票は私の1票しかない」と話したほどだ。だが当時第2政務長官だった盧元大統領は強いドライブをかけた。最有力とされた日本の名古屋を57対27で退けた背景だ。

その後も盧元大統領は「軍事政権が五輪で統治を正当化しようとしている」として開催地を変えるべきという一部IOC委員の主張に苦しめられた。彼は「開催地が変われば蚕室(チャムシル)メインスタジアムの真ん中にサマランチIOC会長と残り81人のIOC委員の墓を作り世界的な観光地として開発する」として強く反発した。結局ソウル五輪は160カ国が参加し、最も成功した五輪のひとつとなった。東欧圏に五輪参加を説得する過程で蓄積された接触が外交関係樹立にもつながった。

◇3党統合

危機は政治からやってきた。民正党の88年4月26日の総選挙惨敗。民正党は125議席にとどまり、憲政史上初めて少数与党多数野党の試練を迎えた。野党第1党総裁である金大中(キム・デジュン)と野党第2党総裁の金泳三(キム・ヨンサム)は「第5共和国清算」などを掲げて執権勢力を挟み撃ちした。金鍾泌(キム・ジョンピル)まで加勢した。

突破口は1990年1月の3党統合だった。盧元大統領の民正党、金泳三の統一民主党、そして金鍾泌の新民主共和党が合わせて216議席の巨大与党である民主自由党になった。伝統野党圏勢力の半分が第5共和国勢力と合わさり、地域的には嶺南(ヨンナム)・忠清(チュンチョン)が合わせ湖南(ホナム)を圧迫した。

3党統合が公表される前の「前夜祭」は89年12月の全斗煥元大統領の国会証言だった。第5共和国聴聞会で証人席に向かって名札を投げ強烈な印象を残したのが当時の盧武鉉(ノ・ムヒョン)統一民主党議員だった。もし3党統合がなければ金泳三→金大中→盧武鉉とつながる権力の変化は全く違う軌道に流れたかもしれないとの評価が出ている。

◇引退後に起きた秘密資金問題

「盧泰愚元大統領の秘密資金が都市銀行の借名口座40件に100億ウォンずつ、総額4000億ウォン預けられている」。

第14代国会が終わる6カ月前の1995年10月19日、当時の朴啓東(パク・ケドン)民主党議員が国会本会議の対政府質問で核爆弾を爆発させた。朴議員は銀行口座番号まで公開した。8日後の10月27日、盧元大統領はソウル・延禧洞(ヨンヒドン)の自宅で秘密資金を作ったのが事実であることを認める国民向け謝罪声明を発表した。「大統領在職時に企業家の寄付により約5000億ウォンの統治資金を作り1700億ウォンほどが残った」という告白だった。

12・12軍事反乱と5・18内乱罪容疑に対しても検察の再捜査が始まった。大検察庁中央捜査部は同年11月に盧元大統領を元大統領としては初めて特定経済犯罪加重処罰法上の贈収賄容疑で逮捕した。盧元大統領は97年4月に大法院(最高裁)で懲役17年、収賄2629億ウォンに対する追徴を宣告された。反乱と内乱容疑も有罪が確定した。

同年末に行われた大統領選挙で当時の国民会議から立候補した金大中候補が当選した後の12月22日、盧元大統領は収監から2年1カ月ぶりに特別赦免された。追徴金のうち90%ほどは還収されたが289億ウォンが残った状態でだ。盧元大統領もやはり秘密資金のどん底から抜けられなかった。ある側近は「盧元大統領は秘密資金事件後に心の病気を患い健康が急速に悪化した」と回顧した。 【盧泰愚元大統領死去】体の弱い少年からソウル五輪開催まで(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【盧泰愚元大統領死去】体の弱い少年からソウル五輪開催まで(2)

    2021.10.26 17:56
    뉴스 메뉴 보기
    盧泰愚大統領がソウル五輪開幕式に参加し演説している。[中央フォト]
    TOP