주요 기사 바로가기

【盧泰愚元大統領死去】側近が回想「火よりも強い水のような性分のリーダーシップ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.26 15:27
0
韓国の盧泰愚(ノ・テウ)元大統領の選挙スローガンは「普通の大統領」だった。物腰柔らかな印象と話し方が相まって世論に乗った。このようなイメージは彼の実際の姿だったのだろうか。

盧元大統領と40余年間親交があったソン・ジュファン元広報処長官は「よく盧元大統領の人間的な側面を話すとき、『水泰愚』と説明したが、それが肯定的な意味で盧泰愚のリーダーシップを最もよく表現した言葉」と説明した。火よりも強い水のように、表面は柔軟だが中身は強靭な性分だったということだ。

1988年ソン元長官が民主正義党情勢分析室長として与小野大政局(与党が過半を割り、野党が多数を占めるねじれ政局)で頭を痛めていた時だった。当時、盧元大統領から「お昼ご飯でも一緒に食べよう」と呼び出されたという。「当然、第5共和国清算要求に対してどんな解決法を準備中なのか、報告を受けようとしているのだと思った。ところが青瓦台(チョンワデ、大統領府)に入ってみると令夫人と令嬢(ノ・ソヨン)も同席していた。盧元大統領は第5共和国の5の字も言及しなかった。表情がとても明るく、『私は外で野党のために夜も寝られないのに、大統領だけどうしてそんなに天下泰平なのか』と卑屈な考えがよぎるほどだった」。後日、ソン元長官は「それが盧元大統領の途方もない自信の現れだったということを知ることになった」と話した。

ソン元長官の続く回顧。「就任初期、社会各界から各種要求が爆発的に噴出して混乱した様子が演出されると、複数の参謀が『力ちょっと使わなければならない』として強硬対応を建議した。しかし盧元大統領はいつも『強く押さえ付けられていたばねが跳ね返ってきたのと同じだ。時間をかけて社会の自律性を育て、徐々に元の場所に戻るようにするべきだ』と言って反対した」

人間的にも気さくだったというのが周辺の人々の言葉だ。盧元大統領の民主正義党総裁時代に補佐役を務めた李丙ギ(イ・ビョンギ)元大統領秘書室長の回顧だ。

「81年ケニア大使館に勤務していた当時、盧泰愚(ノ・テウ)政務第2長官に仕えろとの発令を受けて急きょ帰国した。将軍出身なので非常に厳格なスタイルだと思ってとても緊張したが、最初の届出のとき『外交官としてうまくやっている人を呼んで申し訳ありません』と丁寧語で話しかけてきて驚いた」

81年秋、盧元大統領が大統領特使として欧州・アフリカを歴訪する時だったという。長期出張なので髪の毛が伸びてきてフランス・パリに到着したとき散髪をしなければならない状況になった。しかしちょうど日曜日だったので開いている理髪店がなかった。李元室長は「そのぐらいの政権中心人物ならいくらでも大使館を通じて現地在住の韓国人理髪師を探すことができた。ところが盧元大統領は大使館の職員の手を煩わせたくないと言って、同行した私に切ってほしいと頼んだ」と話した。

盧元大統領は歌をよく歌った。第6共和国の初代安全企画部長を務めたペ・ミョンイン弁護士は「盧元大統領が退任する時、青瓦台で閣僚出身100人余りを呼んでお別れ晩餐会を開いたが、そのとき愛唱曲を自ら歌って録音したCDをプレゼントしたのが印象的だった」とし「武人出身だがロマンチックな一面があった」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【盧泰愚元大統領死去】側近が回想「火よりも強い水のような性分のリーダーシップ」

    2021.10.26 15:27
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の盧泰愚(ノ・テウ)元大統領。[中央フォト]
    TOP