주요 기사 바로가기

今年ワクチン4回接種した韓国人男性

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.26 11:31
0
韓国と海外との間で新型コロナウイルスワクチン接種が連係できず、ワクチンを4回接種する事例が起きたと聯合ニュースが報道した。米国で取得した「接種カード」では韓国保健当局による接種証明の発給を受けられず、苦肉の策としてワクチンをさらに2回接種したものだ。

報道によると、米国に滞在していた事業家の40代男性は帰国前の4~5月に2度にわたりファイザー製ワクチンを接種した。韓国保健当局がワクチン接種完了者に14日の隔離義務を免除したためだ。

男性は韓国に帰国後、11月にタイへ出張に行くことになったが、韓国政府が発行するワクチン接種証明書が必要だった。保健所と疾病管理庁などに米国のワクチン接種カードを利用した接種証明書の発行方法を問い合わせたが、徒労に終わった。結局男性はやむを得ず11月の出国日に合わせるため9月27日と今月18日に再びファイザー製ワクチンを打った。米国と韓国で合計4回ワクチンを接種したのだ。

男性は韓国で3~4回目のワクチン接種のため保健当局に提出する書類にも「ワクチンを接種したことはない」と虚偽で記録するほかなかったという。

ワクチンを接種する考えはなかったという男性は、「書類1枚発給を受けようとリスクを甘受しなければならなかった。疾病管理庁に状況を説明すると驚いて『危険だ。そうしてはいけない』と話した」と聯合ニュースに明らかにした。

だがワクチンを設計回数より2倍打ったが、特別な副作用や異常反応はなかったという。男性は「1~2回目の接種時も何もなく、3~4回目の接種もリスクはあると思ったが大きく心配しなかった。接種証明書の発給を受ける過程で長時間保健当局と接触し多くのストレスを受けた」と付け加えた。

疾病管理庁は「新型コロナワクチンを4回接種した人の話は初めて聞いた。接種証明書は国籍を問わずだれでも韓国でワクチンを接種した際に発行し、海外で接種した記録では証明書を発行しない」と明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP