주요 기사 바로가기

韓国女性がなぜ出てくる? ネット上で売買された中国有名ピアニストの買春映像

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.25 07:56
0
今月21日、中国有名ピアニストのユンディ・リ(李雲迪・39)が買春容疑で逮捕された直後、一部の中国ネットユーザーが全く関係のない韓国女性ユーチューバーの映像で金儲けをしていた情況が明らかになった。

当時、北京朝陽区警察は公式SNSを通じて「陳容疑者(29)と李容疑者(39)を性売買容疑で逮捕して行政拘留に処した」と発表した。逮捕された李容疑者が有名ピアニストのユンディ・リであることを知った中国ネットユーザーは、悪名高い個人情報暴露を開始した。

一部のネットユーザーは団体チャットルームを通じて「ユンディ・リの買春の相手女性の写真・動画」という題名の映像を8.88人民元(約158円)で売った。数人の中国人女性インフルエンサーは自分の写真が買春相手の女性として間違って流布しているとして被害を訴えたりもした。

北京青年報は22日、ユンディ・リの相手女性として中国オンラインで販売されていた別の女性の映像に対して買春相手の女性ではなく韓国ユーチューバーの映像だと報じた。全く関係のない女性を買春相手にしたということだ。このメディアは現地弁護士の言葉を引用し、中国で他人の名義を盗用して動画や写真を販売した場合、騒擾罪で5日以上10日以下の拘留と500元の罰金に処される場合があると警告した。その後、該当の韓国女性の写真と映像はまもなく検閲によって削除された。

◆クラシック界のスター、ユンディ・リの没落

今回逮捕されたユンディ・リは、18歳だった2000年に国際ショパンピアノコンクールで最年少で優勝して一躍国際的な名声を得たクラシック界のスターだ。朝陽警察は21日午後9時6分、公式微博に「市民からの情報提供で現場を急襲し、陳容疑者と李容疑者を性売買容疑で逮捕した」とし「調査過程で彼らが違法事実を認めて行政拘留に処した」と実名は伏せたまま発表した。

だが、まもなく共産党機関紙「人民日報」が評論を掲載する電子メディア「人民網評」が同日午後22時22分、微博にユンディ・リの実名を初めて挙げながら「白黒の鍵盤に黄色(淫乱を隠喩)を容認することはできない」とし「どんな汚点でも美しい旋律に傷をつけ、やっとの思いで得た芸術の道に暗い影を落とすこともある」とし、彼を批判した。

その後、ユンディ・リの社会的抹消は一瀉千里に行われた。22日、中国音楽家協会は声明を出して協会規定によりユンディ・リの会員資格を剥奪した。中国芸能人協会も22日に公示を通じてユンディ・リを糾弾して今後の活動を中断させた。ネット上では個人情報の暴露が続いた。警察調査ではユンディ・リが相手女性に実名アカウントで毎回1万元を支払ってきたことが分かった。芸能専門メディア「網易娯楽」はユンディ・リは今年前半期にも一度買春容疑で逮捕されたが、特定できない理由で公開されなかったと暴露した。

◆ユンディ・リの個人情報公開で論争

ユンディ・リ「抹殺」が一瀉千里に進むと、初期に非難一辺倒だった世論は当局の個人情報公開に対する適法性論争へと広がった。四川大学法学科の韓旭教授は「『治安処罰法』には公安機関が施行した行政処分を社会に公開できる根拠条項がない」とし「性売買の取り締まりと大々的な宣伝は利益よりも弊害のほうが大きいので、法を執行するとき個人のプライバシーと人格の尊厳をもっと尊重する方法を探さなければならない」と指摘した。

国粋主義発言で有名な環球時報の胡錫進編集者も23日、「ユンディ・リはクリス(中国名・呉亦凡、性犯罪)とは違い、違法による社会的害悪は相対的に軽い」とし「すべての人にユンディ・リを叱責する権利があるとしても、法と道徳も取り入れた適合性を維持しなければならない」と明らかにした。

◆芸能界の清算、40年代「文化整風」と類似

中華圏メディアは最近、元EXO(エクソ)メンバーのクリス(性犯罪)やヴィッキー・チャオ(脱税)、ジェン・シュアン(脱税)ら中国文化芸術界のトップスターに続き、クラシック界のスターであるユンディ・リまで「文化界整風運動」が拡散する現象を1940年代延安政局と比較している。当時毛沢東は1942年5月「延安文芸講座シンポジウム演説」を通じて「文化芸術は革命の道具になるべきで、人民を団結させて教育し、反動を打倒して消滅させる有力な武器でなければならない」と述べ、そうでない芸術活動に対する清算を促した。その後1945年に招集された第6期7中全会で毛は延安清風運動を背景に「若干の歴史問題に関する決議」を通過させた。続いてすぐに第7回党大会を招集して毛沢東思想を党の憲法に明記することに成功した。

中国共産党は翌月の第19期6中全会で「党の100年奮闘の重大成果と歴史経験に関する決議」を通過させて来年秋に第20回党大会を開催する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国女性がなぜ出てくる? ネット上で売買された中国有名ピアニストの買春映像

    2021.10.25 07:56
    뉴스 메뉴 보기
    1942年5月、中国共産党の根拠地延安で開かれた「延安文芸講座シンポジウム」に参加した文化芸術家が毛沢東と撮影した記念写真。この写真は延安の中共第7回党大会開催遺跡の近くに展示されている。シン・ギョンジン記者
    TOP