주요 기사 바로가기

意思疎通するとユーチューバーになった安倍元首相、コメント欄オフ…最初の動画62万回再生

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.23 13:53
0
健康上の理由で昨年9月に退任した安倍晋三元首相がユーチューブを開設し、話題になっている。今月末に予定された衆議院選挙を控え、新型コロナのため選挙運動が容易でない状況で、大衆との意思疎通の窓口を新しく作ったという評価だ。

21日の共同通信など日本メディアによると、安倍元首相は19日、故郷であり選挙区の山口県下関市に衆院選出馬のための候補登録を終え、同日、ユーチューブに「あべ晋三チャンネル」を開設した。安倍元首相はフェイスブックやインスタグラムを活用して大衆と意思疎通してきたが、ユーチューブチャンネルは初めて。安倍元首相のユーチューブチャンネルは開設3日目で登録者が20万人を超えた。

安倍元首相は最初の動画で「自分の理念や政策、考え方を伝えるにはやはりSNSを活用しなければならないと考えた」とし、ユーチューブチャンネル開設の経緯を説明した。この41秒の最初の動画は公開4日目に再生60万回を超え、話題になった。2本目、3本目の動画もそれぞれ25万回、15万回ほど再生された。

しかし安倍元首相は大衆との意思疎通のためにユーチューブチャンネルを開設しながらも、コメント欄はオフにしている。

安倍元首相は昨年9月、持病の潰瘍性大腸炎が悪化したとして首相から退いた。しかしその後も自民党内では安倍元首相の影響力が続いている。安倍首相が今月末の選挙で勝利する場合「10選議員」という大記録の主人公となる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP