주요 기사 바로가기

「習近平は残忍な独裁者」…米NBA選手の非難に中国が反発

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.22 16:19
0
米プロバスケットボール協会(NBA)の選手が、公開的に中国の習近平国家主席を独裁者だと非難しながらチベットの独立を支持した。ギリシャのアテネで採火された北京冬季オリンピック(五輪)の聖火が北京に到着した翌日のことだ。北京冬季五輪をきっかけに中国に対する非難世論がまた強まっている。

◆NBA選手「中国の残酷な統治でチベットの自由消えた」

米NBAボストン・セルティックスのセンター、エネス・カンター(29)が21日(現地時間)、ツイッターに「残忍な独裁者の習近平と中国政府へ。チベット自治区はチベット人のもの」というコメントと共に2分46秒の映像を載せた。カンターは映像で「中国の残酷な統治の下、チベット人の権利と自由は消えた。彼らの言語と文化、宗教は許されず、5000人以上が政治犯として刑務所に収監されている」と話した。カンターはダライ・ラマの肖像が描かれたTシャツを着て登場し「中国政府は恥じるべきだ」と声を高めた。

また「自由チベット」と書かれたシューズの写真と共に「150人以上のチベット人が焼身した。私はチベット人と共に立ち、自由を支持する」とコメントした。カンターは20日のニューヨーク・ニックス戦にこのシューズを履いて出場した。

こうした非難は、NBAヒューストン・ロケッツのダリル・モーリーGMが2018年10月に香港の民主化運動を支持する発言をして以来2年ぶりとなる。当時、中国国営CCTVは米プロバスケット開幕戦の中継放送を中止し、米プロバスケット協会は公開謝罪をした。

◆「拍手を送る」…北京冬季五輪を控えて非難強まる

しかし今度は2年前とは違う雰囲気が感知される。現在、カンターのツイッターには約2900人のコメントが付いた状態だ。コメントの大半は「拍手を送る」「支持する」「勇気ある発言」など、カンターを支持する内容だ。在任中に中国を持続的に非難してきたポンペオ前米国務長官もツイッターで「中国共産党に向かって真実を語った」とコメントした。続いて「NBAは中国の資金と市場への接近を人権よりも優先視する組織」と批判した。NBA側と球団はまだ立場を表していない。

カンターの発言は北京冬季五輪の聖火採火式に合わせて出てきた。18日、ギリシャ・アテネの古代遺跡アクロポリスでトーマス・バッハ国際五輪組織委員会(IOC)会長らが出席した中、採火式が開かれた。当時、チベット人権運動家3人が神殿から10メートルほど離れたところで、チベット旗と「ジェノサイド(民族大量虐殺)反対」と書かれた横断幕を掲げながら「集団虐殺をする中国がどうやって五輪を開催するのか」とデモを行い、逮捕された。中国ではこうした内容が報道されなかった。聖火は20日、航空機で北京に到着した。

◆中国「いかなる攻撃も容認せず」…ボストン戦の映像送出中断も

翌日、カンターの発言に対する中国の対応があった。中国ソーシャルメディアのウェイボからカンターのアカウントが削除された。動画プラットホームのテンセントはボストン・セルティックス戦の映像送出を中断した。チームのウェイボのアカウントには「彼をチームから直ちに放出すべき」「10年以上もセルティックスのファンだったが、もう一日も支持しない」という非難が続いている。

中国外務省も反応した。汪文斌報道官は記者会見で「関心を引こうと努力しているようだ」とし「チベットの発展を侮辱するいかなる攻撃も決して容認しない」と警告した。

カンターはトルコ人の父母のもとスイスで生まれた。2009年に米国に渡り、2011年にユタ・ジャズに入団した。トルコのエルドアン大統領を批判してきたカンターは現在、トルコ入国が禁止された状態だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「習近平は残忍な独裁者」…米NBA選手の非難に中国が反発

    2021.10.22 16:19
    뉴스 메뉴 보기
    習近平中国国家主席
    TOP