주요 기사 바로가기

ツイッターから追い出されたトランプ氏「自分のSNSを作る」…関連株400%暴騰

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.22 16:03
0
ドナルド・トランプ前米国大統領のソーシャルメディア(SNS)プラットフォーム製作の便りにニューヨーク証券市場がざわついている。ツイッターやフェイスブックなど主要SNSから追い出されたため、自らSNS企業を設立してSPAC(特別買収目的会社)の合併で証券市場に上場するという計画を明らかにしながらだ。合併の対象に指定されたSPACの株価は取引中に一時400%も暴騰した。

21日(現地時間)、CNBCによると、SPAC「Digital World Acquisition(DWAC)」の株価は、前日比356.8%が上昇した45.50ドルで取り引きを終えた。株価が取引中に一時400%上昇した52ドルまで急騰するなど変動幅があまりにも大きいため取引が何度も中断された。

DWACのこの日一日の取引量は4億7000万株で、ニューヨーク証券取引所(NYSE)とナスダック上場品目のうち史上最大取引量を記録した。DWACの株価暴騰はトランプ氏が所有するメディア会社「トランプ・メディア・アンド・テクノロジーグループ(TMTG)」との合併が予定されたという発表が知らされてだ。20日、TMTG側は「近く『トラスソーシャル(TRUTH Social)』という新しいソーシャルネットワークをスタートする計画」としながら「TMTGとDWCは合併契約を締結し、各種規制や株主承認などの統制を受ける上場企業になるだろう」と明らかにした。

TMTGは「米国内の反対側の声を押さえつけるシリコンバレー『ビックテック』の暴政に相対して戦うための自由主義メディアを作るのがわれわれの任務」と明らかにした。

DWACは昨年末ニューヨーク証券市場に上場されたSPACだ。SPACは公募を経て株式市場に上場した後、その資金で非上場社を買収するのが唯一の目的であるペーパーカンパニーだ。通常、企業が株式市場に上場するには「企業公開(IPO)」を経て投資家を公募するなどの2~3年間、複雑な手順を踏まなければならないが、SPAC買収を通した上場は時間と手続きを大きく短縮することができる。投資家もSPACが非上場社を買収した後、企業価値が上がるため収益を得ることができる。

TMTG側は今回の合併に伴う初期企業価値を8億7500万ドル(約997億円)と推算し、合併した後の企業価値は最大17億ドルになると予想した。またDWACは合併契約によりTMTG側から2億9300万ドルの現金を調達することになる。

トランプ氏が直接SNSを作ろうとした背景には昨年フェイスブックやツイッターなど主要SNSから追放されたことがある。フェイスブックやツイッターなど主要SNS会社はトランプ氏が今年1月に支持者の米議会襲撃事件を煽ったという疑惑を受けると、同氏のアカウントの永久停止措置に踏み切った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ツイッターから追い出されたトランプ氏「自分のSNSを作る」…関連株400%暴騰

    2021.10.22 16:03
    뉴스 메뉴 보기
    ドナルド・トランプ前米国大統領
    TOP