주요 기사 바로가기

爆撃後のように廃虚と化した都心…中国、大型ガス爆発で51人死傷

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.22 09:23
0
中国遼寧省瀋陽の都心で大型ガス爆発事故が発生して4人が亡くなり47人がけがをした。事故現場は韓国人が密集して暮らす西塔とわずか3キロしか離れていないが、現在まで韓国人被害者はいないことが分かった。

21日、韓国メディア「聯合ニュース」は瀋陽市和平区当局の発表を引用して「この日午前8時20分ごろ瀋陽駅から1.5キロ離れた和平太原街のある食堂で爆発事故が発生した」と報じた。この事故で4人が亡くなって47人が重軽傷を負い、付近の建物と車両数台が破損した。

韓国人密集居住地域の西塔でも爆発音がはっきりと聞こえて白い煙が見えるほどの大型爆発事故だった。在瀋陽韓国領事館は「韓国人被害はいまのところ確認されていない」と明らかにした。

聯合ニュースは「事故現場から250メートル離れた地点にある建物のガラスも一部破損し、事故当時の爆発の強さを推察させる」と伝えた。入院中のあるけが人は現地メディアとのインタビューで「爆発地点から100メートル離れていない地点にいたが、出入り口に立っていて外側に跳ね飛ばされた」と話した。事故が起きたのが出勤時間帯で、通りには多くの通行人のほか車両もあり、バス1台も周辺を通過しようとしていたところだった。

ある目撃者は「近くの工事現場で地下に埋設されたガス管が破損してガスが広がった後で爆発した可能性がある」と推定した。別の住民も「前日ガス管の改造工事があり、21日に再びガス供給が再開された」と話した。現在、瀋陽当局は事故現場周辺を統制して事故原因などを調査している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    爆撃後のように廃虚と化した都心…中国、大型ガス爆発で51人死傷

    2021.10.22 09:23
    뉴스 메뉴 보기
    中国の国旗
    TOP