주요 기사 바로가기

韓国外交部長官「日本との対話、一部進展…原則守り合理的方案を模索」

ⓒ 中央日報日本語版2021.10.21 15:13
0
鄭義溶(チョン・ウィヨン)韓国外交部長官は21日、日本との対話に最近「一部進歩」があるとし、「最大限努力する」と述べた。

鄭義溶外交部長官はこの日、国会の外交統一委員会の総合監査で李相ミン(イ・サンミン)共に民主党議員の韓日関係関連の質疑に答弁し、「原則を守る方法と、これと連携し、韓日関係をより未来志向的に発展させるいくつかの現実的かつ合理的な方策を模索しており、日本側とも協議中」と述べた。

鄭長官は「歴史問題に関しては慰安婦被害者の名誉と尊厳を回復する問題、強制徴用被害者の権利補償問題が大きな原則だ。この原則が崩れた形で日本と協議することはできない」と強調した。

鄭長官は「日本は、韓国が先に意見を提示することを求めるとし続けているが、それは事実と異なる。韓国政府は絶えず案を提示している」と述べた。

鄭長官は「司法部側に慰安婦問題に関する政府の立場を説明する機会を持つ必要がないのか」という質疑に「政府の立場を司法部に公式伝達することは、憲法の精神にそぐわない」とし「政府としては、司法部の判断を尊重しつつ、判断範囲内で現実的な解決策を模索している」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国外交部長官「日本との対話、一部進展…原則守り合理的方案を模索」

    2021.10.21 15:13
    뉴스 메뉴 보기
    鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官
    TOP