주요 기사 바로가기

降水確率0%・気温15度…きょうヌリ号打ち上げ、天候は問題なし

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.21 10:10
0
韓国の独自技術で開発した韓国型発射体「ヌリ号」(KSLV-II)が21日午後4時打ち上げ予定の中で、天候は打ち上げに適した条件であることが分かった。

韓国気象庁によると、この日の打ち上げ時間を前後して羅老(ナロ)宇宙センターが位置した全羅南道高興郡蓬莱面(チョルラナムド・コフングン・ポンネミョン)の降水確率は0%だという。気温は15度であり、風は北西風が秒速4メートルで穏やかだと予報した。

発射体の打ち上げのためには気温が氷点下10度から35度の間が要件となるが、比較的範囲は広い。風は平均風速と瞬間最大風速がそれぞれ15メートルと21メートル以下(いずれも秒速)でなければならない。雨が降っても打ち上げは可能だが、晴れの日のほうがよい。

韓国科学技術院(KAIST)人工衛星研究所の権世震(クォン・セジン)所長は「新規開発ロケットが初めての打ち上げに成功する確率は30%水準だが、ヌリ号は羅老号打ち上げ経験者が参加したので成功確率はこれより高いだろう」と予想した。

続いて「ヌリ号の打ち上げが成功すれば、軍事・政治的に韓国が宇宙強国に進入したという意味があり、失敗しても原因の分析を通じて補完・再設計過程を経て技術を高度化すれば韓国が宇宙強国に飛躍するための貴重な資産になるだろう」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    降水確率0%・気温15度…きょうヌリ号打ち上げ、天候は問題なし

    2021.10.21 10:10
    뉴스 메뉴 보기
    韓国型発射体「ヌリ号」(KSLV-II)が20日午前、全羅南道高興郡(チョルラナムド・コフングン)羅老(ナロ)宇宙センター第2発射台に移されて起立を準備している。[写真 韓国航空宇宙研究院]
    TOP