주요 기사 바로가기

ホワイトハウス報道官「韓半島問題は米国の最高優先順位の一つ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.21 07:33
0
米ホワイトハウスのサキ報道官が韓半島(朝鮮半島)イシューについて「(米国の)最高優先順位の一つ」と述べた。サキ報道官は18日(現地時間)、ホワイトハウスで、現在の米国の外交政策のうち北朝鮮問題の重要性を尋ねる記者の質問に対し、このように答えた。

米政府の負債限度交渉や物流サプライチェーン問題などの懸案のためで北朝鮮問題が米国政府の関心から遠ざかったのではという記者の質問に対し、サキ報道官は「当然、最高優先順位の一つ」と話した。

終戦宣言に対するホワイトハウスの立場を問う質問には、国家安保会議(NSC)が代わりに答えた。ホワイトハウスNSC関係者は、「終戦宣言の必要性を感じるか」という質問に対し、「今後のことは仮定しない」としながらも「米国は北朝鮮と対話を通じて恒久的な平和を実現させるという目標に変わりはない」と答えた。また「これが(米国が)いま北朝鮮と外交的に関与する準備ができている理由」と付け加えた。

サキ報道官はこの日、北朝鮮の弾道ミサイル発射について「糾弾する」とし「国連安全保障理事会のいくつかの決議案を違反したものであり、域内の脅威となる」と北朝鮮ミサイル発射の性格を規定した。その一方で「対話と外交が至急必要だという点を見せている」と述べた。サキ報道官は「前提条件なくいつどこでも会うという米国の提案に変わりはない」とし、北朝鮮に追加の挑発を自制して対話に出てくるよう促した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ホワイトハウス報道官「韓半島問題は米国の最高優先順位の一つ」

    2021.10.21 07:33
    뉴스 메뉴 보기
    米ホワイトハウスのサキ報道官
    TOP