주요 기사 바로가기

英国「ウィズコロナ政策」に危機…再感染事例が増加

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.20 17:05
0
英国内の新型コロナウイルス感染者やワクチン接種者の中で2度目、3度目の感染事例が増えており、「ウィズコロナ」政策が危機を迎えている。ワクチン接種で人口の大部分が抗体を形成すればパンデミックが終わるだろうという可能性も希薄になっていると現地メディアが伝えた。

英紙ガーディアンが19日に伝えたところによると、英国のこの日の新型コロナウイルス死亡者数は223人で7カ月来の最多となった。1日の感染者数は4万3738人で7日連続4万人台を維持した。前週より16%の増加だ。この日入院した患者数は921人で週始めより10%増加した。外信はワクチンを接種していない英国の中学生を中心に新型コロナウイルスの感染が拡大し、高齢者の感染も合わせて増加していると伝えた。

特に再感染事例が増加している。インペリアル・カレッジ・ロンドンのダニー・アルトマン教授(免疫学)は「以前に新型コロナウイルスに感染したり2度目の接種を終えてから中間程度の抗体数を持っている人のうち多くのケースで症状のある再感染をしていると分析された。再感染は以前よりはるかに一般化している」と話した。英国統計庁の6日の発表によると、昨年7月から今年9月まで新型コロナウイルスに感染した2万262人の母集団のうち296人が再感染した。昨年の同じ時期には再感染は珍しく、報告された事例は世界で24件にすぎなかったと同紙は伝えた。

◇「ワクチン打たなければ16カ月ごとに再感染」

新型コロナウイルスワクチンを接種していない人は最初の感染から16カ月ごとに再感染すると予想すべきという新たな研究結果も出てきた。イェール大学医学部のジェフリー・タウンセンド教授チームが最近医学専門誌ランセットに発表した論文によると、ワクチンを接種せず社会的距離確保もしていない場合、新型コロナウイルスに感染した人は3カ月から5年の間に再感染することが明らかになった。この場合、中央値は16カ月だと研究陣は明らかにした。これは感染者の免疫が減少して発生するものだ。研究陣は感染者が多くなるほど再感染もますます普通のことになると展望した。

医療従事者でも再感染事例が頻発している。新型コロナウイルスに感染したことがあったり2回目の接種まで完了し中間水準の抗体を持っている医療陣のうち症状がある再感染事例が多く出ているという。英リーズ大学のステファン・グリフィン副教授(ウイルス学)はこれと関連し、「ワクチンを打っても新型コロナウイルスに頻繁にさらされるほど再感染の可能性も高まる」と話した。

米国も同じだ。人口が390万人のオクラホマ州では9月に5229件の再感染事例が報告された。これは人口10万人当たり1152件の再感染率となる。デルタ株の登場が再感染を促進させた可能性がある。米国でデルタ株が優勢株になった5月以降再感染率が350%上昇したためだ。

◇「抗体形成時にパンデミック終わるという仮定は希薄に」

サウサンプトン大学の公衆保健学部のニスリン・アルワン副教授は「われわれは依然として再感染のリスクに対しよくわかっていないが、ひとまずすべての若者が抗体を形成すればパンデミックが終わるという理論的仮定はますます可能性が希薄になっている」と話した。

英国では最近予防接種を受けていない子どもたちの間で新型コロナウイルスが広がっている。英国は先月12~15歳にファイザー製ワクチン1回接種を許容したが、現在までこの年代の15%だけが予防接種を受けた状態だ。ステファン博士は英スカイニュースとのインタビューで「予防接種をしていない若者たちが学校で何の対策もなく入り交じっている。そうすると親と家族、大家族が新型コロナウイルスにさらされ既成世代に広がる」と指摘した。ガーディアンによると10月第2週の新型コロナウイルス感染者のうち中学校(11~16歳)の生徒らが8.1%を記録し最も高い割合を占めた。専門家らはワクチン接種対象をすべての学生に拡大すべきと主張している。

◇「3カ月以内に大きな危機」…追加対策促す

英国内では防疫措置を強化する「プランB」を稼動すべきという声が出ている。現在英国は冬季の新型コロナウイルス対応に向けた「プランA」を稼動中だ。約3000万人にワクチンのブースター接種を行い、健康な12~15歳の間にワクチンを1回接種し、混雑する屋内環境でマスク着用を勧告する水準だ。

科学者はマスク着用を義務化し在宅勤務を導入するなど防疫措置を強化する内容のプランBをすぐに稼動すべきと声を高めている。英国民保健サービス(NHS)のマシュー・テイラー所長は「政府が病院が圧倒されるのを見ないようにするにはすぐにプランBに追加対策まで導入すべき。今後3カ月以内に大きな危機が迫らないようにするなら途轍もない幸運が必要な状況」と警告した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP