주요 기사 바로가기

サムスンSDIもステランティスと組み北米バッテリー市場に進出

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.20 09:11
0
サムスンSDIが世界4位の自動車メーカーのステランティスと手を組んだ。19日のバッテリー業界によると、サムスンSDIはこのほどステランティスと電気自動車用バッテリーの合弁会社設立に向けた業務協約(MOU)を結んだ。サムスンSDIはこれまで自動車メーカーとの協業はせず独自路線を歩んできたが、今回のステランティスとの合弁設立を契機に北米市場進出を加速する見通しだ。

今回の合弁に関する投資規模と工場予定地などは明らかにされなかった。サムスンSDI関係者は「最近両社がMOUを結んだのは事実だが、投資規模、工場の場所、竣工時期などについては決まっていない」と話した。バッテリー業界は市場規模を考慮すると投資金額は1兆ウォン以上になるものと推測した。工場の場所と生産時期などは追加協議を経て決定される予定だ。

これに先立ち17日にステランティスはLGエネルギーソリューションと40ギガワット時規模の電気自動車バッテリー合弁法人を設立すると発表した。業界関係者は「サムスンSDIが残りを確保したものとみられる」と話した。

ステランティスは7月の「EVデー」で自社の電動化戦略を発表し、2025年までに米国で合計50ギガワット時以上の供給量を確保すると明らかにした。LGエネルギーソリューションと年間40ギガワット時規模の生産能力を備えたバッテリー合弁工場を設立すると発表したことを考慮すれば年間10ギガワット時規模でサムスンSDIと協力すると推定される。現代自動車「アイオニック5」クラスの自動車約14万台に搭載できる量だ。

大林(テリム)大学未来自動車学部のキム・ピルス教授は「ステランティスブランドのうちすでにサムスンSDIの角形バッテリーを使っている所があり、LGエネルギーソリューションのパウチ型バッテリーとともに多様なバッテリーを活用することによって万一のリスクを分散する意味もある」と解釈した。

サムスンSDIは今回の合弁を契機に米国市場に本格的に参入するものとみられる。これまでは韓国、中国、ハンガリーにだけバッテリー生産基地を置いていたが、米国は中国と欧州に続く世界3大電気自動車市場という点で米国工場設立は既定事実とされてきた。サムスンSDIは先月4-6月期の業績発表で米国進出を公式化した。最近では米イリノイ州など現地で複数の候補地を検討している事実が明らかにされた。

韓国バッテリーのビッグスリーに属するLGエネルギーソリューションとSKオンはすでに米国に進出しバッテリーを生産している。LGはGMとステランティス、SKはフォードと合弁会社を設立した。これはバイデン政権の米国優先主義の電気自動車政策も影響を及ぼしたものとみられる。バイデン政権は米国内で生産されたバッテリーと部品を使った電気自動車に補助金など恩恵を与える政策を推進中だ。また、2025年に発効する米国・カナダ・メキシコ貿易協定(USMCA)により電気自動車部品を現地で生産しなければならない状況だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスンSDIもステランティスと組み北米バッテリー市場に進出

    2021.10.20 09:11
    뉴스 메뉴 보기
    サムスンSDIの角形バッテリー。[写真 サムスンSDI]
    TOP