주요 기사 바로가기

「ウィズコロナ」宣言したシンガポール…米CDC渡航勧告「危険レベル最高」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.20 09:03
0
米国疾病対策センター(CDC)が、シンガポールを新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に関連し、渡航リスク「最高」の対象国に追加した。

19日(現地時間)、米CNNは、CDCが新型コロナ渡航勧告基準を適用し、シンガポールを既存のレベル3からレベル4に引き上げたと報じた。CDCは、各国の新型コロナ危険度をレベル4(非常に高い)、レベル3(高い)、レベル2(普通)、レベル1(低い)に分類している。

CDCがレベル4に新たに国を追加したのは、8月初め新型コロナデルタ株が世界中に急速に広がったため16カ国を含めて以来、今回が初めて。レベル4に属する国は、シンガポールを含め、オーストラリア・英国・ギリシャ・スイス・トルコ・アイルランドなど計84カ国だ。レベル4は、過去28日間に人口10万人当たりの新型コロナ感染者が500人以上が発生した場合に適用される。

シンガポールは、7月に早くも「ウィズコロナ」を宣言し、8月から社会的距離の確保を緩和した。現地メディアのストレイツ・タイムズによると、現在までにシンガポールは全人口の84%が新型コロナワクチン接種を完了し、85%が少なくとも1回接種している。しかし、今月初め、デルタ変異株ウイルスが原因で、新規感染者数が3000人を超えるなど、感染者が急増している。シンガポールの全人口は545万人だ。

シンガポールのリー・シェンロン首相は9日、対国民演説で「ワクチン接種により新型コロナはもはや危険な病気ではない」とし「コロナ感染者が増えても恐怖で麻痺する必要はない」と強調した。シンガポール保健省は16日基準で、1カ月間の新規感染者6万8147人中98.6%が無症状または軽症で、感染者のうち死亡者の割合を示す致命率は0.2%に過ぎないと発表した。

観光客も急速に受け入れている。15日から米国・英国・フランス・カナダ・デンマーク・スペインなど8カ国からの入国者を対象に、新型コロナワクチン接種を完了していれば隔離を免除している。韓国とは来月15日から無隔離入国を施行する。しかし、米国CDCはレベル4の国に旅行することを避けるべきだと勧告している。必ず訪問する必要がある場合は、ワクチン接種を完了しなければならないという立場だ。

一方、韓国は、米国CDCの旅行危険レベルのうちレベル3が適用された。レベル3は直近の28日間に人口10万人当たりの新型コロナ感染者数が100~500人が出た場合だ。日本もレベル3で、中国は人口10万人当たりの感染者数が50人以下の人レベル1だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ウィズコロナ」宣言したシンガポール…米CDC渡航勧告「危険レベル最高」

    2021.10.20 09:03
    뉴스 메뉴 보기
    シンガポールのマーライオン・パーク。ペク・ジョンヒョン記者
    TOP