주요 기사 바로가기

インテルCEO「韓国と台湾の半導体に依存すれば政治学的に不安定」

ⓒ 中央日報日本語版2021.10.19 17:24
0
インテルのパット・ゲルシンガー最高経営責任者(CEO)が韓国と台湾からの半導体輸入に依存すべきではないと強調した。

ゲルシンガーCEOは18日、米インターネットメディアのアクシオスに公開されたインタビューで、韓国製と台湾製の半導体輸入問題に言及した。彼は「もし世界がある地域に依存するならば政治的に不安定になる」と説明した。ゲルシンガーCEOは「こうしたやり方は同時に実用性が落ちる。油田の位置を神が決めても施設の位置は人が決めることができる」と話した。

彼は「米国の価格がアジアより30~40%高くてはならない。アジアとの価格格差を減らし米国でもっと大きく速い半導体を作れるよう支援が必要だ」と強調した。

インテルは3月に施設拡張とともに半導体委託生産(ファウンドリー)産業への進出を宣言した。インテルは6月にも半導体業界が今後10年は好況が続くと予想し、年内に米国や欧州に大規模半導体工場を追加で作ることができると強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    インテルCEO「韓国と台湾の半導体に依存すれば政治学的に不安定」

    2021.10.19 17:24
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子がEUV技術と14ナノ工程を適用して量産したDDR5 DRAM。[写真 サムスン電子]
    TOP