주요 기사 바로가기

北朝鮮、新浦沖で飛翔体発射…「SLBM試験と推定」

ⓒ 中央日報日本語版2021.10.19 11:35
0
北朝鮮がまたミサイル挑発をした。

韓国軍の合同参謀本部はこの日午前10時17分ごろ、北朝鮮が咸鏡南道新浦(シンポ)一帯から未詳の飛翔体を東海(トンヘ、日本名・日本海)上に発射したと明らかにした。合同参謀本部は韓米軍当局が精密分析中と伝えた。

匿名の情報筋は「新浦沖から発射したと把握している」とし「韓米は事前に兆候を把握し、発射現場を見守っていた」と伝えた。別の軍関係者は「潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の試験発射と推定している」と述べた。

新浦は潜水艦を建造する造船所があるところで、北朝鮮は水中バージ船からSLBM発射試験を何度かしている。

一方、日本の海上保安庁はこの日、「北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射された」と発表したと、NHKが伝えた。今年に入って北朝鮮のミサイル発射武力示威は7回目。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮、新浦沖で飛翔体発射…「SLBM試験と推定」

    2021.10.19 11:35
    뉴스 메뉴 보기
    2019年10月に中央通信のホームページに公開された北極星3型の試験発射。
    TOP