주요 기사 바로가기

米高官「終戦宣言提案の議論継続に期待…今週訪韓」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.19 09:26
0
米国務省のソン・キム北朝鮮政策特別代表が18日(現地時間)、韓米間で朝鮮半島(韓半島)終戦宣言問題を引き続き議論することを希望するという立場を明らかにした。

キム代表はこの日、ワシントンの国務省庁舎で韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)韓半島平和交渉本部長と北朝鮮核問題首席代表間の協議をした後、記者らにこのように伝えた。また、韓半島(朝鮮半島)の完全な非核化と持続的な平和のために韓国、日本と緊密に協力するという強い約束を再確認した。

キム代表は「我々は北朝鮮に敵対的な意図を抱いていない」とし「(米国は)前提条件のない対話に開かれた立場」と強調した。さらにキム代表は北朝鮮と人道的な懸念分野に対応するために協力する準備ができているとし、米国が北朝鮮人道的支援を支持するという立場を再確認した。

キム代表によると、この日、魯本部長と終戦宣言の提案に関する協議もしたという。キム代表は「私は今週後半にソウルでこの問題と相互関心事について議論を継続することを期待している」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米高官「終戦宣言提案の議論継続に期待…今週訪韓」

    2021.10.19 09:26
    뉴스 메뉴 보기
    米国のソン・キム北朝鮮政策特別代表 [写真 共同取材団]
    TOP