주요 기사 바로가기

「パウエル死亡、ワクチン効能に懸念」一文書いて炎上したフォックスニュースのキャスター

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.19 08:59
0
米フォックスニュースのキャスターがパウエル元国務長官の死亡直後に新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンの効能に疑問を提起する発言をツイッターに投稿し、世論による非難を受け削除した。

18日(現地時間)、政治専門紙ザ・ヒルによると、フォックスニュースのキャスターのジョン・ロバーツ氏がこの日、パウエル元長官死去のニュースが報じられた後、ツイッターで「パウエルがコロナのブレイクスルー感染で死亡したという事実は、ワクチンがどれくらい長期的に効果的なのか、新たな懸念を提起する」と投稿した。

米メディアは、パウエル元長官が新型コロナ感染による合併症で死亡したと報じた。遺族は声明で故人が新型コロナワクチン接種を終えていたことを明かした。

ワクチンを接種したパウエル元長官がブレイクスルー感染して他界したため、ワクチン効能に懸念が提起されるというロバーツの主張に対し、オンラインでは84歳というパウエル元長官の年齢と特定の病歴が、元長官を新型コロナの危険にさらしたものという反発が強まった。これを受け、ロバーツ氏は自身のツイートを削除した。

ザ・ヒルは「パウエルは(コロナ以外に)感染から守ろうとする人体の能力を弱体化させる血液がんの一種である多発性骨髄腫と診断を受けたことが分かった」と伝えた。

その後、ロバーツ氏は再びツイッターに、最初のツイートがアンチワクチンと解釈されたため、これを削除したと説明し、自身は今までワクチン接種を推奨してきたと説明した。

一方、米疾病管理予防センター(CDC)のデータによると、ワクチンを打った米国人1億8700万人のうち、約7000人がブレイクスルー感染により死亡しており、このうち6000人は65歳以上だ。

ベイラー医科大学のピーター・ホーテズ氏は、このような統計情報に言及し、これは死に至る新型コロナブレイクスルー感染はまれであることを示唆していると指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「パウエル死亡、ワクチン効能に懸念」一文書いて炎上したフォックスニュースのキャスター

    2021.10.19 08:59
    뉴스 메뉴 보기
    パウエル元長官が2004年に訪韓し、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領に会ったときの様子。[中央フォト]
    TOP