주요 기사 바로가기

韓国統一部長官「北へのワクチン支援に国民の共感…確保余力あり可能性高い」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.18 15:53
0
韓国の李仁栄(イ・インヨン)統一部長官が、国内新型コロナ防疫体系が「ウィズコロナ」段階に進入し、新型コロナワクチンの対北朝鮮支援問題を議論する可能性が高まった、と明らかにした。

李長官は18日、国会外交統一委員会での統一部対象の国政監査で、李庸ソン(イ・ヨンソン)共に民主党議員の「ワクチン対北支援議論」の質問に対し、「我々が北にワクチンを支援することについて国民にそれなりの共感があり(ワクチン)余力を確保できる段階で到達しているため(対北支援議論の)可能性が高まっている」と述べた。

続いて「別の側面では、受け入れる北側の意思もかなり重要だ」とし「保健・防疫分野では韓米共同で人道主義協力をする計画を具体的に推進している。米国も原則的にワクチン協力についてはすべての国に開かれているため異見がないのではと思う」と話した。

また「もう少し経過して時期と雰囲気が醸成されれば(ワクチン対北支援問題を)議論できるだろう」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国統一部長官「北へのワクチン支援に国民の共感…確保余力あり可能性高い」

    2021.10.18 15:53
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の李仁栄(イ・インヨン)統一部長官が18日、国会外交統一委員会での統一部、民主平和統一諮問会議事務局に対する国政監査で議員の質問に答えている。 [国会写真記者団]
    TOP