주요 기사 바로가기

「バイセクシャル・スーパーマン」が初めて登場…日本男性記者とキスした理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.18 10:44
0
超男性的イメージの象徴だったスーパーマンが男性記者と恋に落ちる。DCコミックスはまもなく出版される『Superman: Son of Kal-El(原題)』でジョン・ケントが男性記者のジェイ・ナカムラと恋に落ち、バイセクシャルとしてのジェンダーアイデンティティをカミングアウトすると発表した。ジョン・ケントは元祖スーパーマン「クラーク・ケント」の息子だ。DCコミックスの世界観がどれくらい急進的に変化しているのかを垣間見せる部分だ。

出版社DCコミックスのチーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)兼パブリッシャーのジム・リー氏は16日(現地時間)に開かれたオンラインイベント「DC Fandome(ファンダム)」でスーパーマンの新しいモットーが「真実と正義、より良い明日(Truth,Justice and a Better Tomorrow)」になると発表した。CNN放送が17日、報じた。以前のモットーは「真実と正義、アメリカン・ウェイ(Truth,Justice and the American Way)」だった。この「アメリカン・ウェイ」の部分が「より良い明日」に変わったのだ。

リー氏は「80年以上にわたってより良い世の中を構築してきたスーパーマンの驚くべき遺産を賛えるためにスーパーマンのモットーは進化している」と話した。

リー氏は「スーパーマンは長く人々にインスピレーションを与える希望の象徴だった。まさにその楽観主義と希望がこの新しい任務宣言(モットー)とあわせてスーパーマンにこれから前に進む力を与える」と付け加えた。

スーパーマンのモットーから「アメリカン・ウェイ」が抜けたのはこれが初めてではない。今年7月に発刊された『Superman: Son of Kal-El』でスーパーマンとして登場するクラーク・ケントとロイス・レインの息子ジョン・ケントは自身が「真実と定義、より良い明日」を象徴すると話した。

スーパーマンのモットーが入った「アメリカン・ウェイ」という言葉は第2次世界大戦中だった1942年、スーパーマンがラジオ番組で放映された当時に初めて登場した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「バイセクシャル・スーパーマン」が初めて登場…日本男性記者とキスした理由

    2021.10.18 10:44
    뉴스 메뉴 보기
    映画『スーパーマン リターンズ』スチール写真
    TOP