주요 기사 바로가기

韓国前検察総長の懲戒不服敗訴で与党が一斉攻撃…大統領選ライバル候補「独立軍を装った親日派」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.15 14:06
0
韓国与党・共に民主党が、最大野党・国民の力の大統領候補、尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長との「全面戦争」に入った。尹前総長が昨年12月「停職2カ月」懲戒処分は不当として起こした取り消し訴訟で敗訴(14日)したことを批判しながらだ。

宋永吉(ソン・ヨンギル)民主党代表は15日、国会で開かれた最高委員会で「尹前総長は今回の判決に対しても厚かましい姿を見せている」とし「自身の側近の韓東勲(ハン・ドンフン、検事長)を保護するために検察権を私有化した人が(大壮洞)特別検察を云々しながら自ら検察の名誉に泥を塗っている」と批判した。続いて「明確な謝罪と責任のある措置が必要だ」と主張した。

尹昊重(ユン・ホジュン)院内代表は「裁判所は尹錫悦候補の判事査察疑惑文書作成と配布、検言癒着疑惑に対する監察と捜査を妨害したことを認めた」とし「このような人が野党の大統領候補をするとは嘆かわしい。今からでも国民に謝罪し、自身の過ちに対して相応の責任を取らなければいけない」と主張した。

最高委員らも「国会で弾劾されるべき事案」(金容民)、「大統領候補を辞退し、犯した罪の処分を待つべき」(金永培)などと激しく批判した。

国会法制司法委員会所属の民主党議員はこの日、国会疎通館で記者会見を開き、「結局、懲戒は正当であり、権力捜査に対する報復ではなく、むしろ罪質に比べて軽い懲戒だったという点が判決で明らかになった」とし「尹錫悦候補も良心があるのなら直ちに国民に向けて謝罪し、候補職を辞退すべきだ」と主張した。

民主党の李在明(イ・ジェミョン)大統領候補もこの日、フェイスブックで「尹錫悦候補は国民に謝罪し、候補辞退はもちろん政治活動の中断を宣言すべき」と主張した。李候補は「裁判所は『停職2カ月』懲戒が適法だと判決し、検察総長職を辞任したとしても『弁護士失格事由』になる可能性があることを指摘した」とし「政治家でいえば政治活動資格を喪失したのと同じ」と書いた。

続いて「現職検察総長でありながら緻密な『被害者コスプレ』で文在寅(ムン・ジェイン)政権に抵抗するイメージを作った。さらにこれを大統領選出馬の名分として蓄積し、検察総長を辞退した後、野党候補に変身した」とし「あたかも親日派が身分を偽装して独立軍として振る舞うのと変わらない」と批判した。

民主党のこうした動きに対し、時代精神研究所のオム・ギョンヨン所長は「党内選挙の不協和音が整理されると、すぐに『外部の敵』の尹前総長を攻撃して内部の結束を固め、大壮洞(テジャンドン)開発疑惑に対する視線をそらそうという意図」と解釈した。

一方、宋永吉代表はこの日、最高委員会の冒頭発言で「私が一部の(党員の)極端な形態を指摘する過程で不適切な例えと表現があった」とし、自らの「イルベ(日刊ベストストア)」(極右性向のオンラインコミュニティー使用者)発言を謝罪した。宋代表は13日、「党内選挙の無効票」問題を提起して自身に抗議する李洛淵(イ・ナギョン)前代表の支持層に向けて「このような態度は『イルベ』と変わらない」と主張し、反発を呼んだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国前検察総長の懲戒不服敗訴で与党が一斉攻撃…大統領選ライバル候補「独立軍を装った親日派」

    2021.10.15 14:06
    뉴스 메뉴 보기
    宋永吉(ソン・ヨンギル)民主党代表
    TOP