주요 기사 바로가기

北朝鮮軍に睡眠薬を飲ませて脱北した家族…金正恩委員長「必ず捕まえろ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.15 09:18
0
北朝鮮の国境地域、両江道金亨稷郡(ヤンガンド・キムヒョンジクグン)で、家族4人が警戒勤務中の軍人に睡眠薬を飲ませて脱北するという事件が発生した中、異例にも金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の指示「1号方針」までが下された。

14日の北朝鮮情報専門メディア「デイリーNK」によると、1日未明、北朝鮮に居住する一家4人が国境警備にスキを狙って鴨緑江(アムノッカン)を渡り、中国に向かった。脱北した家族の家には普段から国境警備隊員らが出入りしていたが、親しい国境警備隊副分隊長が勤務する時間を狙ったという。

一家はこの副分隊長が1日未明に勤務することを把握し、あらかじめ睡眠薬を混ぜた炭酸飲料とパンを準備しておき、その日に立ち寄った副分隊長に渡した。また、共に勤務する下級兵士の炭酸飲料とパンを一つずつ持たせた。

これまで密輸で生計を維持してきたこの一家は中国に入るルートを知っていたほか、警備隊員がどの区間で勤務するかも把握していた。

国境警備隊は一家の脱北事実に気づき、直ちに中央国家保衛省にまで報告された。翌日の2日、「億万の金を投じても必ず捕まえて見せしめに強く処罰すべき」という1号方針が下された。また「人民が軍人に薬を飲ませて逃亡したというのは深刻な軍民関係毀損行為であり、国境軍民の思想を全面検討すべき」という指示もあったという。

脱北した一家から与えられたものを食べて眠った国境警備隊の副分隊長は直ちに営倉に収監され、取り調べを受けた。

副分隊長は「経済的に厳しい状況でないうえ、一家の親戚の中にも逃走者や犯罪者がいない、いわゆる『革命的』な家の住民だった」としながらも「最近、国境地域に障壁や高圧線が設置されると、この一家は『今後、密輸できなくなれば希望はない。密輸できなければ人間らしく暮らせない』などと話したことがあった」と供述したという。

一方、国家保衛省は中国内の保衛省要員に逮捕任務を命じ、中国公安と国境警備隊に公文書を送るなど中国側に協力を要請した。デイリーNKは消息筋を引用し、「この事件の噂は両江道全体に広まっている。今回の事件で国境地域の雰囲気はさらに厳しくなった」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮軍に睡眠薬を飲ませて脱北した家族…金正恩委員長「必ず捕まえろ」

    2021.10.15 09:18
    뉴스 메뉴 보기
    金正恩委員長
    TOP