주요 기사 바로가기

中国、米国と台湾の高官会談に反発…「米国、言動が一致しない」

ⓒ 中央日報日本語版2021.10.14 16:00
0
米国高官と駐米台湾代表の会談に対し、中国が「一つの中国」原則に違反するものだとして反発した。

中国は台湾を自国領土とみなして国と認めておらず、中国と修交した国が台湾と公式に往来することも反対している。

14日、中国オンラインメディア「澎湃」によると、米国務省は13日(現地時間)、ツイッターを通じてホセ・フェルナンデス国務次官が蕭米琴・台北駐米経済文化代表処長(駐米台湾代表)と会った事実を公開した。

これに対して在米中国大使館は声明を通じて「米国の行動は『一つの中国』原則と米中3大連合公報(米中間の相互不干渉と台湾武器輸出縮小などを巡る両国間合意)に著しく違反している」としながら「中国は断固として反対し、米国側に厳正な交渉を提起した」と明らかにした。

続いて「米国の指導者と高官は一つの中国政策を変える意思がないと何度も明らかにしたが、その約束が口先だけの言葉ということが明らかになった」とし「言葉と行動が一致しない拙劣な手法をやめなければならない」と非難した。

中国大使館は「米国は台湾を利用して中国を制圧するという考えを捨てるべきだ」とし「一つの中国原則と中国の核心利益に挑戦するいかなる言動も断固たる反撃を受けるだろう」と警告した。

また「米国は一方では中国の支持と協調を求め、一方では台湾問題で中国のレッドラインに挑戦するという幻想を捨てるべき」とし「このような手法は中国に通用しない」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP