주요 기사 바로가기

韓国次期大統領選挙支持率、李在明氏が下落傾向…李39%-尹錫悦35%、洪準杓40%-李37%

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.14 13:51
0
韓国の李在明(イ・ジェミョン)京畿道(キョンギド)知事が「共に民主党大統領選候補」のタイトルを握った中、予備選が終わった後も李氏の支持率下落が続いているという世論調査の結果が14日、出てきた。

EMBRAIN・Kstat・コリアリサーチ・韓国リサーチなど4つの世論調査機関は今月11~13日に全国18歳以上の男女1016人を対象に全国指標調査(NBS)を実施した。民主党からは李在明氏を、国民の力から尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長と洪準杓(ホン・ジュンピョ)議員をそれぞれ候補として想定し、両者が仮想対決を行った場合、誤差範囲(95%信頼水準で±3.1%ポイント)内できっ抗した接戦を広げた。

李氏と尹氏が仮想対決を行った場合、李氏は39%・尹氏は35%の支持率を示すことが明らかになったが、1週間前の調査よりも李氏は5%ポイント下落したが尹氏は2%ポイント上昇した。

李氏と洪氏が仮想対決を行った場合、洪氏が40%・李氏は37%の支持率を示すことが明らかになった。1週間前の調査より洪氏は3%ポイント上昇したし、李氏は3%ポイント下落した。

また、現在支持する候補をこれからも支持するかを聞く項目では「候補を変える可能性がある」は38%だが、「今後も支持する」は61%であることが分かった。

一方、回答者は保守陣営の大統領選候補に対して洪準杓氏(25%)、尹錫悦氏(22%)、劉承ミン(ユ・スンミン)前議員(12%)、安哲秀(アン・チョルス)国民の党代表(4%)、元喜龍(ウォン・ヒリョン)前済州(チェジュ)知事(3%)などの順で「大統領にふさわしい」と判断した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国次期大統領選挙支持率、李在明氏が下落傾向…李39%-尹錫悦35%、洪準杓40%-李37%

    2021.10.14 13:51
    뉴스 메뉴 보기
    李在明候補
    TOP