주요 기사 바로가기

「狩りをするように…」 ノルウェーで武装した男性が弓矢乱射、5人死亡 

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.14 11:01
0
ノルウェーの小都市コングスベルグで一人の男性が弓矢を無差別に放ち少なくとも5人が亡くなった。

13日(現地時間)、AP通信と英国BBC放送、ザ・タイムズなどによると、容疑者は12日午後6時10分、ある商店に入って攻撃を開始した。その後、さまざまな場所を歩き回って人々に対して弓矢を乱射した。警察は6時30分、該当の事件を受理し、直ちに出動して20分で容疑者を取り押さえた。検挙当時、容疑者は弓矢と弓の他にもナイフや異なる武器を所持した状態だった。

現地警察署長は「数人がけがをし、不幸にも死亡者が発生した」と説明した。警察によると現在5人が亡くなり、2人がけがをしている。警察はまだ明らかになっていない被害者がさらにいるとみている。警察署長は「犯行動機は捜査中で、テロを排除することはできない」としながら「すべての可能性を視野に入れて調査している」とした。警察はいまのところ単独犯とみている。

目撃者は弓と弓矢で武装した男性が街を歩いているところを見て直ちに警察に通報した。また、人々が血を流して横になっているのを発見した後、周辺に助けを要請した。目撃者の通報直後、該当地域には警報が発令された。

オスロに住むある学生は現地メディアとのインタビューで「突然Netflix(ネットフリックス)の『イカゲーム』で聞いたサイレンの音が聞こえた。誰かテレビのボリュームを上げたのだと思った」としながら「実際、誰かが地獄のような悲鳴の声をあげたのを聞いた」と話した。また別の住民は「(容疑者が)狩りをするように人々に矢を放った」とした。オスロ大学病院は8台の救急車とヘリコプター3台を派遣して死傷者の移送を行った。

事件の報告を受けたエルナ・ソルベルグ首相代行は「ぞっとした」としながら「多くの人々が恐怖に陥ったが、現在警察が統制している」と強調した。13日に首相就任予定のヨーナス・ガール・ストーレ氏も今回の事件に対して「残忍な行為」として非難した。モニカ・メーラン法相は「状況を綿密にモニタリングしている」というコメントをSNSに掲載した。

このような事件はノルウェーでは非常に珍しい。コングスベルグのある住民はザ・タイムズとのインタビューに答えて「ここは本当に静かで平和なところだ。そのため今回の事件が余計に恐ろしく感じる」と話した。

2011年極右指向のアンネシュ・ブレイビク被告がオスロで爆弾テロで8人を殺害した後、ウトヤ島の労働者青年同盟の夏キャンプで銃乱射で参加者69人を殺害した連鎖テロ事件以降、10年ぶりとなる最悪の事件が起こった。またAP通信は「ブレイビク被告は21年刑を宣告されたが、刑が延びる可能性もある」と報じた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP