주요 기사 바로가기

LG「1兆4300億ウォン」vsGM「2兆2700億ウォン」…ボルトEVリコール費で違いが出た訳は

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.13 14:20
0
米国GM(ゼネラルモーターズ)とLGがGMの電気自動車「ボルトEV」の火災に対してバッテリーをリコールすることで合意した中で両側のリコール費用予想額に8000億ウォン以上の開きが生じており関心が集まっている。

GMは12日(現地時間)、ボルトEVのリコール費用に関連してLGから最大19億ドル(約2兆2733億ウォン、約2155億円)の賠償を受けることで合意したと発表した。GMはバッテリーの交換を含めたリコール費用に合計20億ドルかかると推算した。これに先立ちGMはLGが納品したバッテリーの欠陥により車両火災が発生したと結論付けて2016年以降に生産されたボルト車両をすべてリコールすることにした。

GMがこの日発表したLGの賠償金額はLGが推算したものよりも8480億ウォンほど多い。LGエレクトロニクスとLGエナジーソリューションは過去2四半期それぞれ2346億ウォンと910億ウォンの引当金を設定し、今月12日には7-9月期にそれぞれ4800億ウォンと6200億ウォンの追加引当金を設定した。これを合わせるとLGエレクトロニクスが7146億ウォン、LG化学が7110億ウォンずつ合計1兆4256億ウォンの引当金を積んだことになる。

GMとLGはリコール費用の差額に関して具体的な言及をしていない。ただし、GMのグローバル購買・サプライチェーン担当副社長であるShilpan Amin(シルパン・アミン)氏は「LGはGMの価値ある供給業者であり、今回のリコール費用の分担を決めた合意に対してうれしく考える」と明らかにした。あわせて「GMエンジニアリングおよび製造チームは新しいバッテリーモジュールの生産を加速するために協力を続けていて今月から顧客の車両修理を始めるものと予想している」と述べた。

◆LG「新型バッテリーは選別交換条件」

LGエナジーソリューションは「引当金は今後発生しうる費用を会社が合理的に推定して設定するものであるため、会社別に設定額に違いが生じる場合がある」としながら「LGは最近GMとのリコール合意に基づき旧型バッテリーの場合は全体を交換し、新型バッテリーは選別交換するという基準で1兆4256億ウォンを推算した」と説明した。反面、GMはLGとのリコール合意前に設定した条件(旧型と新型のすべてのバッテリーを全数交換)を基準として費用を予想したものとLGエナジーソリューション側は推定した。

リコール費用の推算とは別に、GMの今回の発表を通じてLGのリコール費用負担比重も明らかになった。GMは全体リコール費用を20億ドルと推算し、このうち19億ドルをLGが負担することにしたと明らかにした。全体の95%をLGが抱え込むことになったと解釈される。米メディア「CNBC」は今回の合意が「GMの大きな勝利」とし「GMの7-9月期実績改善に役立つだろう」と評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    LG「1兆4300億ウォン」vsGM「2兆2700億ウォン」…ボルトEVリコール費で違いが出た訳は

    2021.10.13 14:20
    뉴스 메뉴 보기
    LGエナジーソリューションのロゴ。
    TOP