주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>日本が起死回生…豪州に2-1勝利

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.13 07:41
0
サッカー日本代表が起死回生した。

日本代表は12日、埼玉スタジアムで行われた2022カタールワールドカップ(W杯)アジア最終予選B組第4戦でオーストラリア代表に2-1で勝利した。日本はオーストラリアとの対戦成績を10勝7敗9分けとした。オーストラリアはAマッチ11連勝でストップした。

B組3位の日本は勝ち点6(2勝2敗)となった。組1位のオーストラリア(勝ち点9、3勝1敗)、2位のサウジアラビア(勝ち点9、3勝)を追撃した。

スタートは良かった。序盤から攻めた日本は前半8分、田中碧が先制ゴールを決めた。南野のクロスを受けた田中がゴール左隅に蹴り込んだ。オーストラリアは前半41分、アダム・タガートのシュートがゴールポストに弾かれた。

オーストラリアは後半24分、守田英正のファウルでPK判定を受けたが、VARでFKに変更された。しかしアイディン・フルスティッチがこれを左足シュートでバーに当てながらゴールを決めた。

日本は後半、激しく攻撃したが、オーストラリアのGKマシュー・ライアンの好セーブに何度も阻まれた。しかし後半40分、決勝ゴールが生まれた。吉田麻也のロングパスを受けた浅野拓磨がシュートを放ち、オウンゴールにつながった。

日本はそれまでの3試合で1勝2敗と振るわず、危機を迎えた。初戦でオマーンに0-1で敗れてスタートした。中国に1-0で勝って雰囲気を変えたが、8日のサウジアラビア遠征でまた0-1で黒星を喫した。森保一監督の更迭説まで出てきた。しかしオーストラリア戦の劇的な勝利で本大会進出の可能性を生かした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP