주요 기사 바로가기

韓国政府、ベトナムとタイにアストラ製ワクチン157万回分供与へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.12 17:51
0
韓国政府がベトナムとタイに新型コロナウイルスワクチンを供与する。韓国のワクチン接種完了率が60%を突破しワクチンに余裕が生じてだ。

外交部、保健福祉部中央事故収拾本部、疾病管理庁は12日に報道資料を出し、「韓国政府は国際社会の責任ある一員として世界の新型コロナウイルス対応努力に参加するためワクチン確保に困難を経験する国に対するワクチン供与を推進する。優先的に新型コロナウイルスのパンデミック拡大傾向で厳しい状況にあるベトナムとタイにそれぞれアストラゼネカ製ワクチン110万回分と47万回分の供与を決めた。同ワクチンは10月12日に仁川(インチョン)を出発し13日に両国に到着する予定」と明らかにした。

韓国政府は「今回のワクチン供与は12日午前0時基準で韓国のワクチン1回以上接種率が全人口比77.9%(18歳以上人口比90%以上)で、現在韓国に導入が予定される量でも2回目と追加接種など計画された接種日程に支障がないものと判断されたことから、新型コロナウイルスワクチン確保が困難な国の支援要請と在外国民の安全確保、新南方政策、新型コロナウイルス被害状況などを総合的に考慮して決定された」と説明した。

疾病管理庁によると、同日午後1時基準で韓国の人口60.2%に当たる3090万5870人がワクチン接種を完了した。接種完了者は勧告回数に基づく新型コロナウイルスワクチン予防接種をすべて終えた人で、1回の接種で完了するヤンセン製ワクチンの接種者も完了者に含まれる。18歳以上の成人人口で見れば70%が接種を終わらせた状態だ。

韓国政府は「ベトナムは15万6000人ほどの在外国民が居住しており9000社以上の韓国企業が進出している新南方政策の核心協力国で、9月の国連総会を契機にしたベトナムとの首脳会談時に韓国は相対的にワクチン接種率が低いベトナムに100万回分以上のワクチン支援を約束した」と説明した。また「タイは1万8000人ほどの在外国民が居住しており、400社以上の韓国企業が進出した新南方政策核心協力国で、8月に韓国の外交部長官のタイ首相表敬訪問時に両国はワクチン開発と生産協力など関連可能な案を模索していくことにした」とワクチン供与の趣旨を明らかにした。

韓国政府はこれまでベトナムとタイ政府とワクチンを安全に供与する案とともに供与ワクチンを在外国民を含めたベトナムとタイの接種対象者に迅速接種することを緊密に協議してきたと伝えた。

続けて「今回の供与が両国国民の早急な日常復帰に寄与するものと期待し、今後韓国のワクチン需給と接種状況を見ながらワクチン支援が必要な国に対する追加支援も検討していく予定」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国政府、ベトナムとタイにアストラ製ワクチン157万回分供与へ

    2021.10.12 17:51
    뉴스 메뉴 보기
    忠清南道のある予防接種センターに市民に接種するアストラゼネカ製ワクチンが保管されている。フリーランサー キム・ソンテ
    TOP