주요 기사 바로가기

平昌冬季五輪女子ショートトラックで「故意衝突」疑惑…渦中のスター選手は口を閉ざしたまま

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.11 09:50
0
韓国女子ショートトラック国家代表の沈錫希(シム・ソクヒ、24)に対して、2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)競技で故意にチームメイトに衝突したという疑惑が提起された。芸能メディアDispatch(ディスパッチ)が今月8日、沈錫希と代表チームの某コーチが平昌五輪当時にやり取りしたメッセージを公開した。この対話には「ブラッドバリーを作ろう」という言葉が出てくる。オーストラリア出身の男子ショートトラック選手スティーブン・ブラッドバリーは2002年ソルトレークシティー大会男子1000メートル競技で5人中5位で滑っていたが、前を滑っていた選手が連鎖衝突で転倒したことを受けて1位となり優勝した。

2人のメッセージによると、沈錫希がブラッドバリーのように漁夫の利で優勝する選手を作ろうと某コーチと謀議した可能性がある。実際、2018年2月22日女子1000メートル競技で沈錫希はチームメイトの崔ミン禎(チェ・ミンジョン、23)と衝突した。当時最後の1周を残して4位だった沈錫希は3位アリアナ・フォンターナ(イタリア)を抜こうと間に食い込もうとしていた。その時に5位だった崔ミン禎もアウトコースから追い越そうと沈錫希の横についた。その過程で衝突して2人とも転倒した。

再び起きてレースに戻ったが、沈錫希が4位、崔ミン禎が5位でゴールした。ビデオ判読の結果、沈錫希がペナルティを受けて失格となり、崔ミン禎が4位に繰り上げとなった。ミックスゾーン(取材共同区域)に入ってきた崔ミン禎は体調が良くないという理由でインタビューを断った後、ロッカールームに入った。

これによって当時沈錫希と崔ミン禎の間に不和があるのではないかといううわさが流れた。1000メートル競技が終わった翌日、江陵(カンヌン)五輪パーク内のコリアハウスで記者会見が開かれたが、不和説に対して崔ミン禎は「錫希さんとは何かあったとしても特に話す必要はない」と話した。沈錫希は「多くの人が私とミン禎に関心を持ち、期待もしている。私たち以外にも代表チームには5人いるが、みんな一生懸命やっている」と話した。2人はこの競技に2日前の20日、3000メートルリレーで金メダルを一緒に獲得している。

大韓スケート連盟は10日午後まで沈錫希と該当コーチから今回の衝突疑惑に対する説明は受けていない。この日、連盟関係者は「論争が大きくなっているので、このまま黙って見過ごすことはない。事案が複雑で状況を把握するのに時間がかかっている。数日内に連盟の立場を明らかにする」と伝えた。

連盟は今回の論争が来年2月に開催される北京冬季五輪の競技力にも影響を及ぼす恐れがあり頭を抱えている。

今年5月、沈錫希と崔ミン禎は北京冬季五輪に出場する国家代表選抜戦でそれぞれ1、2位に選抜されて鎮川(ジンチョン)選手村で一緒に訓練している。2人は21日から24日まで中国北京で開かれるショートトラック・ワールドカップ(W杯)1次大会に出場する予定だ。今回も女子3000メートルリレーで呼吸を合わせる。

沈錫希側はまだ公式の立場は出していない。沈錫希の所属事務所はまず連盟の措置を待っているものと把握された。該当コーチも連絡先を変えた状態で潜伏している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    平昌冬季五輪女子ショートトラックで「故意衝突」疑惑…渦中のスター選手は口を閉ざしたまま

    2021.10.11 09:50
    뉴스 메뉴 보기
    2018年韓国で開催された平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)ショートトラック女子1000メートル決勝で沈錫希(シム・ソクヒ、右から2人目)は追い越しをかけてきた崔ミン禎(チェ・ミンジョン、右)ともつれて転倒した。[中央フォト]
    TOP