주요 기사 바로가기

米国も断念したのに韓国が開発…北の地下核施設破壊する「秘密兵器」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.10 13:23
0
高威力弾道ミサイルの父は米国が研究途中でやめた「神の杖」だ。トールプロジェクトを通じて米国は人工衛星から長さ6メートル、直径30センチメートルのタングステン棒を落とす兵器である神の杖を作ろうとした。北欧神話の雷の神であるトールはミョルニルというハンマーを持っている。

米国はベトナム戦争ですでにレイジードッグという無爆薬鋼鉄爆弾でベトナムやベトコンの強化陣地を壊した経験があった。レイジードッグを大幅に拡大したのが神の杖だ。しかしタングステンがあまりにも高価な金属で費用負担が大きいことから天下の米国であってもプロジェクトを断念した。

高威力弾道ミサイルは最大射程距離が500キロメートルを超えないという。正常角度の30~45度より高い高角で撃つ。高角発射はミサイルの高度を高める代わりに飛行距離を減らす。代わりに落下速度を高め運動エネルギーを育てる。

◇米国が断念した兵器を韓国が開発

高威力弾道ミサイルは「玄武4」として知られるが、これはメディアが便宜上付けた名前だ。別途の開発名があるがやはり秘密だ。高威力弾道ミサイルという正式名称(戦力名)に加えてニックネーム(通称)を作るか韓国政府が検討しているという。

ADDは高威力弾道ミサイルをさらに何回か試験発射する計画だ。信頼性を点検しなければならないためだ。早ければ再来年にも量産に入れるという。

それなら韓国政府はなぜ高威力弾道ミサイルを見せないのだろうか。正確な本心はわからない。航空大学航空宇宙機械学部のチャン・ヨングン教授は「高威力弾道ミサイルが8~9トンの弾頭重量をマッハ10の速度で落とす推進力を持ったとすれば、弾頭重量を1トンに軽くすれば数千キロメートルを飛ぶ長距離ミサイル」と分析した。

彼の言葉通りならば高威力弾道ミサイルは韓国が周辺国まで射程圏に入れる能力を備えたという意味だ。周辺国を刺激しないかと高威力弾道ミサイルについて隠そうとしているとの分析が出ている背景だ。そのためか中国は発射当日に黄海に情報艦を送り関連情報を収集した。

◇さやから刀を抜くという確信が必要

高威力弾道ミサイルのような韓国型戦略兵器により、北朝鮮が韓国に対し核攻撃を敢行しようとすれば韓国は事前に核施設を無力化できる。または核攻撃に対する報復として韓国は北朝鮮指導部を除去する方法がある。実際の戦争でどれだけ使えるのかよりは戦争を防止するのが韓国型戦略兵器の目的だ。

戦略兵器を持っている国は必ず使うという確信を外に示してこそ潜在的な敵国が恐れて攻撃をためらう。そのため米国と中国、ロシアは核兵器を発射する訓練と施設を公開する。相手に「いまはさやに刀をしまってあるが、必要ならば必ず刀を抜く」ということをわからせ続ける行動だ。北朝鮮が信じれば韓半島で核戦争は起きない。

果たして北朝鮮は韓国がいざという時に韓国型戦略兵器を発射すると信じているだろうか。

金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党副部長の言葉ひとつに神経を尖らせる文在寅政権があえて自分たちの毛の先に触れるだろうと北朝鮮が考えはしない可能性が大きい。国防部と軍当局は北朝鮮を刺激しかねないとしてともすれば訓練や兵器を非公開にする。

こうしたシグナルが出続けるならば北朝鮮は韓国の戦略兵器に対し鼻で笑うだろう。たとえ韓国が韓国型戦略兵器を撃つといっても北朝鮮が「まさか」と信じない状況がくるだろう。

米国も断念したのに韓国が開発…北の地下核施設破壊する「秘密兵器」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP