주요 기사 바로가기

駐中韓国大使「韓中、コロナ安定すれば習主席の訪韓に共感」

ⓒ 中央日報日本語版2021.10.08 13:25
0
張夏成(チャン・ハソン)駐中韓国大使が、新型コロナ状況が安定すれば中国の習近平国家主席の訪韓を推進するという共感が韓中間にある、と明らかにした。

張大使は6日、オンラインで進行された国会外交統一委員会での在中大使館に対する国政監査でこのように述べ、習近平主席の訪韓問題について中国側と意思疎通を続けて積極的に努力すると話した。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は就任した2017年の12月に初めて中国を訪問したのに続き、19年12月に韓日中首脳会議出席のため2回目の訪中をしたが、新型コロナの影響で習主席の答礼訪問は実現していない。

両国首脳は今年1月26日に電話で首脳会談を行い、今年と来年を「韓中文化交流の年」と宣言し、来年の韓中国交正常化30周年を控えて両国の交流・協力を活性化する一方、「韓中関係未来発展委員会」を通じて今後30年の発展の青写真を共に構想しようという意見で一致した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    駐中韓国大使「韓中、コロナ安定すれば習主席の訪韓に共感」

    2021.10.08 13:25
    뉴스 메뉴 보기
    張夏成(チャン・ハソン)駐中韓国大使(右)
    TOP