주요 기사 바로가기

米研究員「文大統領の任期中に南北画像首脳会談の可能性」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.07 07:50
0
アンドリュー・キム元米中央情報局(CIA)コリア ミッションセンター長が5日(現地時間)、北朝鮮はしばらく韓国政治問題に集中し、米国がもう少し好意的な対話提案をしてくるのを待つだろうという見方を示した。北朝鮮は韓国政治に影響を及ぼすことができると信じて、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の任期中に南北首脳会談をオンラインで開く可能性があると予想した。

キム氏はこの日、ワシントンタイムズ財団主催の画像セミナーで「(北朝鮮は)いま韓国国内政治に集中している」とし「彼らは常に韓国政治の重要な問題にいかなる方法であれ影響を及ぼすことができると信じていて、そのようにしている」と述べた。続いて「(南北)通信線の復元もその一環」とし「韓国と韓国大統領候補に存在感を知らせて影響力行使を追求している」と評価した。

文大統領の任期中に南北首脳会談があると思うかという質問には「そう思う」とし「おそらく対面ではなくオンラインでするだろう」と答えた。新型コロナで国境を封鎖した北朝鮮としては画像会談を望むという意味と解釈される。

南北が先にオンライン首脳会談を開いた後、来年2月に北京で会う可能性にも言及した。キム氏は、来年2月の北京冬季オリンピック(五輪)で南北首脳が中国の習近平国家主席の招待で現地を同時訪問する状況を米国は警戒するはず、と伝えた。

キム氏は「米国は五輪期間中に北京で習主席が金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と文大統領の間で一種の会談を仲介するような姿を見せることを決して望まないだろう」と述べた。

南北首脳が米国を排除して中国が用意した舞台の北京で会う場合、終戦宣言に匹敵する「戦争終焉発表」などをする可能性があるという声も、ワシントン外交関係者の間で出ている。ただ、北朝鮮は東京五輪不参加を理由に国際オリンピック委員会(IOC)から北京五輪参加資格が停止されたため、金委員長の訪中の可能性はまだ未知数だ。

キム氏は「北朝鮮が我々(米国)に対して完全な挑発サイクルでなく節制状態にとどめているのは、我々と未来にある種の交渉を続けようという希望を持っているということ」と解釈した。また「北朝鮮は米国がもう少し柔軟かつ具体的に好意を見せることを期待したとみられる」と話した。しかしバイデン政権が調整された実用的な接近法という古典的な折衷案を採択し、北朝鮮が失望したようだと評価した。北朝鮮は2017年末から4年間、大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射と核実験を中断した措置を米国から認められることを望んでいると、キム氏は予想した。

キム氏は「今後2-5年後には米朝間の非核化対話が進むことも可能だと考えるが、完全な非核化はそれより長くかかるだろう」と述べた。

キム氏は2017-18年に米朝非核化交渉に関与し、北朝鮮を何度か訪問した。現在はハーバード大ケネディスクール科学・国際問題ベルファ・センターで韓国プロジェクト非常任研究員を務めている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米研究員「文大統領の任期中に南北画像首脳会談の可能性」

    2021.10.07 07:50
    뉴스 메뉴 보기
    アンドリュー・キム元米中央情報局(CIA)コリア ミッションセンター長
    TOP