주요 기사 바로가기

韓国から海外に流出した文化財20万点…44%は日本が所蔵

ⓒ 中央日報日本語版2021.10.06 10:31
0
韓国から海外に流出した文化財が20万点を越えることが分かった。このうち約9万点は日本が所蔵していることが確認された。

国会文化体育観光委員会所属の林五卿(イム・オギョン)議員(共に民主党)は5日、文化財庁国政監査を通じてこのように主張した。

林議員が国外所在の文化財財団から提出させた資料によると、国外流出文化財は今年4月基準で合計20万4693点だ。

国別には日本が8万9498点(43.72%)で最も多く、続いて米国5万4171点(26.46%)、ドイツ1万3309点(6.5%)、中国1万2985点(6.34%)、英国8796点(4.30%)の順となっている。

特に国外に流出した韓国文化財は毎年増加していることが明らかになった。2018年17万2316点、2019年18万2080点、2020年19万2136点、2021年20万4693点など最近4年間で合計19%増加、毎年平均万1件以上増加していることが明らかになった。

これに反して最近4年間で競売・寄贈・購入・レンタル等を通した還収件数は合計27件で2018年7件、2019年13件、2020年7件であることが明らかになり、今年は国外にある韓国文化財を1件も還収できなかった。

林議員は「文化財は国家のアイデンティティなので国外に搬出された主要文化財はさまざまな方法を動員して還収されるべきだ」とし「国会・政府・民間次元で我が国の歴史文化材の還収と保存のために努力を傾けなければならない」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国から海外に流出した文化財20万点…44%は日本が所蔵

    2021.10.06 10:31
    뉴스 메뉴 보기
    百済金銅観音菩薩立像[写真 曹渓宗]
    TOP