주요 기사 바로가기

北朝鮮、一方的に通信線を遮断して再開…「重大課題の解決」要求

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.05 09:20
0
北朝鮮が4日、南北通信連絡線を再開した。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が先月29日、最高人民会議での施政演説で復元の意向を明らかにしてから5日目だ。朝鮮中央通信はこの日、金正恩国務委員長の意向で午前9時からすべての南北通信連絡線を復元すると発表した。8月10日に北朝鮮が韓米連合訓練などを理由に一方的に連絡を断絶して以来55日ぶりだ。

青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)は先月28日の北朝鮮の極超音速弾道ミサイル「火星8型」試験発射当時、「挑発」という表現を使わず「遺憾」だけを表明した。また、鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は1日、国会外交統一委の国政監査で、米国の反発が予想されるにもかかわらず「今は制裁緩和も検討する時」と述べた。「二重基準」「北朝鮮敵対視政策」の撤回を南北関係改善の前提条件として掲げた金与正(キム・ヨジョン)労働党副部長の先月25日の談話に呼応する姿を見せるためだった。

すると北朝鮮は少し動いた。「南朝鮮当局は再稼働の意味を深く胸に刻み、南北関係を収拾しながら、今後の明るい前渡を開くうえで先決されるべき重大課題を解決するために積極的に努力しなければならない」という条件も付けた。「重大課題」とは、「北朝鮮敵対視政策」と(韓国のミサイル発射は「抑止力」、北朝鮮のミサイル発射は「挑発」とする)「二重基準」の撤回だ。

経済社会研究院の申範チョル(シン・ボムチョル)外交安保センター長は「北は通信線を基本的な信頼構築手段でなく交渉手段として活用している」と指摘した。韓平政策研究所の鄭大珍(チョンデジン)平和センターは「北が『平和攻勢駆け引き』を通じて韓国大統領選挙政局に影響力を行使し、次期政権との関係形成にも主導的な地形を確保しようとしている」と分析した。

青瓦台はこの日、公式立場を表さなかった。しかし通信連絡線の復元を南北関係改善の「最初の関門」とみる青瓦台内では、次の段階を準備すべきという声が出てきた。来年3月の大統領選挙を控えた状況で、通信連絡線復元→南北テレビ会議システム構築→南北画像高官級会談開催→南北画像首脳会議開催→北京冬季オリンピック(来年2月)南北首脳出席とつながるシナリオの第2段階に進むべきということだ。

これに関連しドイツを訪問中の李仁栄(イ・インヨン)統一部長官は3日(現地時間)のインタビューで、「通信連絡線が復元されしだい(新型コロナ状況を勘案して)画像対話ができる映像システムを作り、高官級、各級分野別の合意履行のため、これまで延ばされてきた対話を進行できるだろう」と明らかにした。続いて「我々が合意し、気持ちよく共に手を握って北京五輪に行くのがよい」とし「我々にそのような選択と決断の時間が迫っている」とも話した。

金与正(キム・ヨジョン)副部長は先月25日の談話で「南北共同連絡事務所の再設置、南北首脳対面(首脳会談)など関係改善のさまざまな問題も、建設的な議論を経て早期に解決される可能性があると考える」と述べていた。

梨花女子大の朴元坤(パク・ウォンゴン)北朝鮮学科教授は「政府が関係改善に対する北の誠意も確認できない状況で終戦宣言、北制裁解除、北京五輪などに進めば、韓米間の不協和音を起こしかねない」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮、一方的に通信線を遮断して再開…「重大課題の解決」要求

    2021.10.05 09:20
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮が韓米連合訓練に反発して遮断した南北通信連絡線を55日ぶりに復元した。韓国統一部の連絡代表が4日、ソウル南北共同連絡事務所の直通電話で北朝鮮側と通話している。 [写真 統一部]
    TOP