주요 기사 바로가기

いよいよノーベル賞シーズン…受賞に注目集まる新型コロナワクチン技術(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.04 13:23
0
2021年ノーベル賞受賞者が4日(現地時間)から11日まで発表される中、今年は特に新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチン関連技術の生理学・医学賞受賞に関心が集まっている。新型コロナ大流行に対抗したワクチンを前例のない速度で開発することに寄与した科学者の受賞の可能性が提起されている。

ノーベル賞公式ホームページによると、生理学・医学賞は4日午前11時30分(日本時間で午後6時30分)に公開される。5日は物理学賞、6日は化学賞、7日は文学賞、8日は平和賞、11日は経済学賞が順次発表される。

◆210余カ国使用のmRNAワクチン、受賞の可能性は

米メディアCNNはmRNA(メッセンジャーリボ核酸)ワクチンの基礎技術を開発したドイツ・ビオンテック社のカリコー・カタリン上席副社長(66)と米国ペンシルベニア大学ペレルマン医学大学院のドリュー・ワイスマン教授(62)を有力候補に挙げた。両氏のmRNA基礎研究はファイザー・ビオンテックワクチンとモデルナワクチン開発に適用された。mRNAワクチンは新型コロナ遺伝情報が入ったmRNAを体内に注入して抗体形成を誘導する。

ニューヨーク・タイムズ(NYT)のワクチントラッカーによると、ファイザーとモデルナワクチンを使う国は現在210余カ国に達する。CNNは「両氏が2005年に発表したmRNA関連の論文は当時ほとんど注目されなかったが、今は最も広く使われる新型コロナワクチンの基礎になった」と評した。

カリコー氏とワイスマン氏は先月シルリコンバレーのノーベル賞と呼ばれる「ブレークスルー賞」と医学分野のノーベル賞といわれる米ラスカー賞を受賞した。これらの賞は歴代多くのノーベル賞受賞者が受けたという点で、両氏がノーベル賞を受賞する可能性が高いという分析が出ている。スウェーデン科学専門のある記者はAFPに「ノーベル委員会がmRNAワクチン技術に賞を与えなければ失敗だろう」と語った。

◆「時期尚早」反論も

だが、彼らの今年受賞が時期尚早だとする見方もある。スウェーデンのカロリンスカ研究所のAli Mirazami教授はロイター通信に対して「mRNA技術は遠からずノーベル賞を受賞すると確信しているが、問題はその時期」としながら「ノーベル委員会は受賞者が普通80代になるまで待つ。(60代の彼らは)まだ若すぎるかもしれない」と話した。

CNNによると、2002年からノーベル賞受賞者を予測してきた情報分析企業クラリベイトの分析家デビッド・ペンドルベリー氏は「ノーベル賞は普通成果を認定するまで最小10年かかるほど保守的」と話した。一部では新型コロナワクチンの効能と安全性が長期間にわたり立証されなければならないという指摘もある。

またmRNAに対する研究は1980年代始まり、全世界のさまざまな科学者が研究に参加して誰がmRNA技術を開拓した功労を認められる資格があるのかに対しては論争があるとCNNは伝えた。 いよいよノーベル賞シーズン…受賞に注目集まる新型コロナワクチン技術(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    いよいよノーベル賞シーズン…受賞に注目集まる新型コロナワクチン技術(1)

    2021.10.04 13:23
    뉴스 메뉴 보기
    ノーベル賞
    TOP