주요 기사 바로가기

北京冬季五輪控えた中国、エンブレム・マスコットなど商標権侵害の取り締まり強化

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.01 15:45
0
来年2月に北京冬季オリンピック(五輪)を控えた中国が、五輪関連商標権侵害の取り締まりに出た。

1日のグローバルタイムズと中国新聞網によると、中国国家知識産権局は先月30日の記者会見で、冬季五輪を支援し、法律違反行為を取り締まるため、全国的に特別キャンペーンを行うと発表した。五輪のエンブレム、マスコット、聖火、メダル、ピクトグラムなどの無断・不正使用を集中的に取り締まる計画だ。また有名スポーツスターの名前を盗用する事例が増加しているとし、厳重処罰するという点も強調した。

これに先立ち国家知識産権局は東京五輪で「卓球女帝」陳夢や「射撃英雄」楊倩などスポーツスターの名前を盗用して商標権登録をしようとした事例109件を棄却し、行政処罰した。

国家知識産権局の申長雨局長は「今回の措置は中国が悪意の商標権行為を取り締まるという明確なメッセージ」とし「関連省庁と協力し、権利侵害行為を厳格に取り締まる」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP