주요 기사 바로가기

フォルクスワーゲンとトヨタのバッテリー独立宣言…韓国バッテリーの運命は?(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.30 08:49
0
ドイツのフォルクスワーゲンと日本のトヨタ自動車は今月に入り、電気自動車バッテリーに総額57兆ウォン(約5兆3492億円)を投資すると明らかにした。世界の自動車市場で1位と2位の企業が並んで「電気自動車バッテリーを独自に生産する」と宣言したのだ。昨年世界市場でトヨタは952万台、フォルクスワーゲンは930万台を売った。

フォルクスワーゲンは2024年までに300億ユーロ(約3兆9030億円)を投資してバッテリーセルを独自生産する計画だ。純粋バッテリーセル工場を新設するのに21兆ウォン、電動化転換に20兆ウォンを投じる。トヨタはバッテリー生産と研究開発に16兆ウォンを投資する。フォルクスワーゲンとトヨタは独自のバッテリーを量産する時期として2030年を提示した。

バッテリー生産をめぐる大規模投資競争の幕が上がった。SKイノベーションは米国で電気自動車バッテリー工場を新設するのに5兆1000億ウォンを投資すると28日に明らかにした。米フォードはSKイノベーションと合弁で設立したブルーオーバルSKを通じて5兆1000億ウォンを投資する。

米ゼネラルモーターズ(GM)はLGエネルギーソリューションと組んで2つのバッテリー工場を作っている。GMも独自のバッテリーを生産するための研究施設に大規模投資をしている。GMのメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は先月ブルームバーグテレビとのインタビューで、「独自の研究所を作り(バッテリー)技術を開発している」と話した。バーラーCEOは「(バッテリー分野で)リーダーシップを維持するために多様な方法を動員するだろう」と付け加えた。

ドイツのBMWとポルシェも電気自動車バッテリー関連工場と研究施設に投資した。現代自動車も韓国で電気自動車バッテリーを生産できる試験用設備を備えた。ドイツのメルセデス・ベンツもバッテリーの独自生産に出るだろうという話が業界から出ている。

電気自動車の価格のうちバッテリーが占める割合は30~40%に達する。自動車メーカーが電気自動車を熱心に売れば売るほどバッテリーメーカーに多くの収益を分け合わなければならないという話だ。自動車メーカーは独自のバッテリーを使わなければ収益性が高められなくなる。

これまでトヨタを含む日本の自動車メーカーはハイブリッドカーに執着してきた。電気自動車は内燃機関車と比較して各種部品が30~50%少ない。これに対しハイブリッドカーは既存の内燃機関車両に電気モーターとバッテリーなどを追加する。それだけ自動車メーカーが多くの収益を出すことができる。 フォルクスワーゲンとトヨタのバッテリー独立宣言…韓国バッテリーの運命は?(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    フォルクスワーゲンとトヨタのバッテリー独立宣言…韓国バッテリーの運命は?(1)

    2021.09.30 08:49
    뉴스 메뉴 보기
    ドイツのフォルクスワーゲン役員が13日に電気自動車バッテリー投資計画を発表している。フォルクスワーゲンはバッテリーセル生産に300億ユーロを投資する計画だ。[写真 フォルクスワーゲン]
    TOP