주요 기사 바로가기

【コラム】火がついた米中技術覇権、韓国産業の競争力の跳躍台と捉えよう(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.28 09:36
0
◆新型コロナがもたらした技術革新の黄金時代

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)パンデミックは世紀の災害をもたらすと同時に、技術革新の黄金期をもたらしている。再度世の中が大きく変わる局面だ。ニューヨークタイムズが2016年に「我々は、革新の黄金時代に生きている」と宣言した(5月15日付)ことがあるが、コロナ・パンデミックをきっかけに、現在展開されている技術革新は、幅と深さの面で以前の技術革新と次元が異なる。

何よりも、デジタル変換の速度が驚くほど速い。製薬・半導体・人工知能、電気自動車・自律自動車、造船・原子力・3D(3次元)・ブロックチェーンなど、ほぼ全産業にわたって融合と複合を通じた技術革新が進んでいる。

特に中国の動向が注目される。中国が触発した国家技術主義競争とベンチャー投資の急増などで技術生態系自体が変化している。加速的な技術革新の土台が構築されているところだ。この技術革新の黄金時代を通じて、米国と中国の技術覇権と韓国・中国・日本の産業競争とグローバル企業の競争が分かれ目となるものと予想される。

コロナウイルスを予防するワクチンが切実になったことを受け、mRNA(メッセンジャーリボ核酸)ワクチン技術が商用化した。さらに、パーキンソン病・アルツハイマーなどの既存の慢性疾患に対する治療技術も日々進歩している。米マッケンジー研究所によると、コロナ・パンデミックは世界中の人的交流においてデジタルが占める割合を3年早め、商品やサービスでデジタルが占める割合も7年早く実現したという。

特に非対面中心の経済活動は、クラウドコンピューティング・人工知能(AI)・半導体の需要を急激に増加させた。その結果、現在、世界の製造業が半導体をはじめ、深刻な部品不足の事態に陥っている。

さらに、コロナ防疫のための社会的距離確保が拡大し、企業は基本的に労働力不足に直面している。これに対し、企業は人材を技術で置き換える革新で対応している。また、社会的距離確保が個人の日常自体を大きく制約したことから、スマート家電の需要が急増し、メタバース(meta-verse)時代への転換が活発化している。

メタバースとは、AR(仮想現実)、VR(拡張現実)、XR(クロスリアリティ)、MR(複合現実)などの新技術で、我々の生活を現実と仮想間の境界がない3次元の仮想世界へと導くものと予想される。フェイスブックの最高経営責任者(CEO)のザッカーバーグ氏は「フェイスブックは5年の中メタバース企業に変貌する」と宣言した。NVIDIAのジェン・スン・ファンCEOも「20年後の未来はメタバース技術で空想科学と変わらない時代になるだろう」との見方を示した。

一方、過去50年間、半導体業界をリードしてきた「ムーアの法則」(半導体の集積度が2年ごとに倍増)が限界に達し、これを克服するための次世代技術開発の競争が激化している。半導体1つに集積されるトランジスタ数で性能を評価すれば、7ナノメートルの半導体は200億個、5ナノメートルの半導体は300億個、2ナノメートルの半導体は500億個を搭載できる。つまり、2ナノ半導体を先に量産すれば、5ナノ半導体よりも性能が1.7倍高い半導体を供給することができる。

◆次世代半導体・バッテリー開発点火

このように、半導体の性能が高度化するにつれて、同時多発的演算・データを利用した自律学習・非定型推論などが可能なニューラルネットワーク半導体(NPU)が続々とリリースされている。「私の手の中のAI(On Device AI)」時代が近づいてきているのだ。特に「スマートカー」(自律走行電気自動車)は、半導体・人工知能・5G(第5世代)・二次電池次世代技術の総合体で、これをめぐる自動車メーカーとアップル・グーグル・アマゾンなどの競争がひとしきり熱い時期だ。

それだけではない。深刻な異常気象現象に伴い、世界的に炭素排出規制が強化されており、これにより、二次電池・水素エネルギー産業への投資が急増している。二次電池の場合、韓国・日本・中国が次世代バッテリー開発に没頭している。 【コラム】火がついた米中技術覇権、韓国産業の競争力の跳躍台と捉えよう(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP