주요 기사 바로가기

<ゴルフ>崔京周、韓国人初のチャンピオンツアー優勝…「秋夕後のプレゼント」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.27 16:36
0
チャンピオンを決めるパーパットを決めると両手の拳を突き上げた。崔京周(チェ・キョンジュ、51)がシニアツアーの米プロゴルフ(PGA)ツアーチャンピオン大会で韓国選手では初めて優勝トロフィーを手にした。

崔京周は27日(日本時間)、米カリフォルニア州モントレイのペブルビーチGL(パー72)で行われたPGAツアー、ピュア・インシュランス選手権の最終日に5ーディー1ボギーの4アンダーをマークした。通算13アンダーパーの崔京周はベルンハルト・ランガー(ドイツ)、アレックス・チェイカ(ドイツ、共に11アンダー)を2打差で抑えて優勝した。

1970年5月生まれの崔京周は昨年8月から、満50歳以上が参加できるPGAツアーチャンピオン大会に出場している。そしてデビュー15大会目に優勝を果たした。優勝賞金は33万ドル(約3570万円)。

崔京周は20日に終わったサンフォードインターナショナルではプレーオフの末、ダレン・クラーク(北アイルランド)に敗れて準優勝した。2度の失敗はなかった。特にAT&Tペブルビーチプロアマ、全米オープンなど大型のPGAツアー大会が多数開催されるペブルビーチGLで優勝し、崔京周は喜びを表した。崔京周は競技後の公式インタビューで「もう一度優勝してみたかった。ペブルビーチで優勝できたので特別にうれしい。胸が熱くなる」と語った。

崔京周は2011年5月のザ・プレーヤーズ選手権で通算8勝目をマークして以降、PGAツアーで優勝できなかった。公式大会の優勝も2012年コリアンツアーCJ招待が最後だった。2018年10月の健康検診で甲状腺腫瘍が見つかり、これを除去する手術を受けた。その後、食事療法で体重を13キロ減量した。しかし体力トレーニングは怠らず、PGAツアーとツアー選手権を併行するほど現在も元気にフィールドでプレーしている。

崔京周は「参加しているゴルファーはみんなレジェンドプレーヤーだ。まだ実力と体力が相当高い。そのような先輩を尊敬し、その選手の後ろを追うことができるということに感謝する」と述べた。続いて「常に徹底的に準備してプレーするという思いでツアー生活をしている。身体的な活動は以前とは違うため、もっと頑張り、治療も受けながら体作りなど準備をして大会を待った」と話した。

崔京周は直ちに帰途につき、30日から京畿(キョンギ)驪州(ヨジュ)フェラムクラブCCで開催される現代海上崔京周インビテーショナルに選手として参加する。ホスト(主催者)大会を控えて28日午前に帰国する。崔京周は「秋夕(チュソク、中秋)後に良いプレゼントができたようだ。韓国に戻れば多くの人々から歓迎されそうだ。(優勝した)今大会に参加したのは本当によかった」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP