주요 기사 바로가기

<女子ゴルフ>確率3500分の1を2回も…2日連続ホールインワンの畑岡奈紗

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.27 07:44
0
畑岡奈紗(日本)が米女子プロゴルフ(LPGA)アーカンソー選手権で2回のホールインワンを達成した。

畑岡は26日(日本時間)、米アーカンソー州ロジャースのピナクルCC(パー71)で行われた大会2日目の6番(パー3)でホールインワンを達成した。175ヤードの距離のこのホールで5番アイアンでショットしたボールはグリーンの上を一度はねてホールに吸い込まれた。初日の11番(パー3)でホールインワンを記録した畑岡は2日連続のホールインワンにしばらく驚く表情を見せ、共にプレーするゴルファーから祝いの声を受けて笑顔を見せた。

LPGAは「畑岡がLPGAツアー史上、一つの大会で2回のホールインワンを記録した5人目の選手」と伝えた。最近では2016年に上原彩子がこうした記録を達成している。2018年の同大会でもホールインワンを記録している畑岡は、異なるシーズンで2つ以上のホールインワンを達成した4人目の選手としても記録された。これに先立ちベッツィ・キング(米国)が1979年と1980年に2回、マック・マローン(米国)が1999年と2001年にホールインワンを達成した。またシャーロッタ・ソレンスタム(スウェーデン)が2001年に2回、2002年に3回のホールインワンを記録した。

プロゴルファーがホールインワンをする確率は3000-3500分の1と知られている。畑岡は「まさか入るとは思わず、びっくりした」と語った。畑岡はこの大会で通算16アンダーをマークし、イ・ミンジ(豪州)、チ・ウンヒを1打差で抑えて優勝した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP