주요 기사 바로가기

大型連休後にコロナ拡大…一日の感染者数3000人超=韓国

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2021.09.25 09:24
0
韓国で秋夕(チュソク、中秋)連休明けに新型コロナ感染者数が急激に増えている。リアルタイム感染者集計統計サイト「コロナライブ」によると、24日午後10時現在の新規感染者数は3000人を超え、過去最多となった。これに先立ち24日0時基準での一日の新規感染者数も過去最多の2434人だった。先月11日(2221人)以来44日ぶりの最多更新となったが、2日連続の急増だ。

防疫当局は当初、今月20日ごろ感染者数が2300人程度でピークとなり、徐々に減少しながら第4波が落ちつくと見込んでいた。しかし予想ピークの規模も時期も外れた。秋夕連休中の人口大移動による余波は来週ごろ本格化する。中央災難安全対策本部のイ・ギイル第1統制官は「地域社会の隠れた感染が多い状況で移動と集まりがあり、追加で感染が拡大する危険が今も残っている」とし「今回地方に行ってきた人たちが引き続き検査を受ける来週はさらに増えることも考えられる」と述べた。

専門家らも懸念している。高麗大九老(クロ)病院の金宇柱(キム・ウジュ)感染内科教授は「ウイルス潜伏期は普通2日から14日、平均5日であることを考慮すると、現在の感染者はすでに秋夕連休以前に感染していた人たち」とし「秋夕の影響による感染者はおそらく来週から本格的に出てくるだろう」という見方を示した。ソウル大のキム・ユン医療管理学科教授は「秋夕連休中に検査を受けられなかった人たちが一度に集中し、新規感染者数が増えたとみられるが、詳細な推移は来週初めまで見守る必要がある」と話した。梨大木洞病院のチョン・ウンミ呼吸器内科教授は「10月にも連休があるうえ、11月に寒くなれば感染者が4000人、5000人まであっという間に増えることもあり得る」と憂慮した。

連休は新型コロナ防疫の深刻な問題だ。今年の旧正月連休(2月11日~14日)以前の1週間の一日平均感染者数は382人で、第3波が収まりつつあったが、連休後には493人に急増(29%)した。しかし現在は第4波が進行中で、デルタ株という変数が加わった。今回の秋夕連休には旧正月連休より交通量も増えた。韓国道路公社の関係者は「秋夕連休の前日からの6日間に2871万台の車が高速道路を利用した」とし「一日平均478万台で、旧正月連休(414万台)当時より大きく増えた」と伝えた。

この日基準で非首都圏の感染者比率は27.7%と、また30%に迫っている点は、秋夕連休の人口移動により首都圏の流行も地方に移ったと分析される。秋夕以前には首都圏の感染者比率が80-85%だった。

◆「ウィズコロナ」への早期転換、容易でない

青壮年層が新規感染者の大半を占める点も懸念される。この日の新規感染者は20代が22.6%、40代が18.5%、30代が18.3%、50代が13.2%。20-50代の比率が72%を超える。この年代は高齢層よりワクチン接種が遅れている。全体接種率(24日基準1回目72.3%、2回目44%)は高まるが、感染者数が増える理由でもある。

政府はワクチン接種完了率が70%を超える来月末ごろから段階的な日常回復、いわゆる「ウェズ(with)コロナ」への漸進的転換を検討する方針だった。今月初めには「現在の防疫強度を維持して接種を拡大する場合、第4波による感染者は9月上旬まで増加し、9月5日から9月20日ごろまで約2000-2300人でピークに達した後、減少していくと予想する」と話していた。しかしこうした期待が外れ、来月の「ウィズコロナ」への早期転換は容易でないという見方も出ている。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は24日、米国訪問を終えて帰国中に大統領専用機で開いた機内懇談会で「ワクチンを十分に確保し、来月ごろには接種率も世界でも上位になるだろう」とし「来月ごろそのような計画(ウィズコロナ)を可視的に国民に知らせることができるはず」と説明した。

金宇柱教授は「接種完了率が世界的に低い水準でも感染者数は少ない方であり、善戦していると見ることができる」としながらも「しかし変異株が2倍強い伝染力を持ちワクチンの効果を落とす点、接種完了者でも6カ月が過ぎれば抗体が減るという点が感染者数を増やすはず」と指摘した。キム・ユン教授は「今の社会的距離段階は感染者抑制効果は少なく、自営業者などに対する被害が大きいため、むしろ緩和する一方、疫学調査と接触者隔離を強化するのが効果的だ」と主張した。

一方、教育当局は小学6年から高校2年(12-17歳)のワクチン接種計画をめぐる最後の調整に入った。具体的な接種対象と順序、時期などは疾病管理庁が27日に発表する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP