주요 기사 바로가기

金与正副部長「南側が敵対的でなければ関係回復の用意ある」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.24 15:05
0
北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党中央委員会副部長が、韓国側が敵対的でなければ関係回復と発展展望に関する建設的な議論をする用意がある、と明らかにした。また、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が国連総会で提案した終戦宣言の推進について「興味のある提案で、良い発想だと考える」と述べた。

金副部長は24日午後、朝鮮中央通信を通じて発表した談話で、このように明らかにした。

金副部長は「長期間続いている朝鮮半島の不安定な停戦状態に物理的に決着をつけ、相手に対する敵対視を撤回するという意味での終戦宣言は、興味ある提案であり良い発想」と説明した。

続いて「終戦が宣言されるには双方間の尊重が保障され、他方に対する偏見的な視点と激しい敵対視政策、不公平な二重基準から先に撤回されなければいけない」とし「先決条件が用意されてこそ、終戦も宣言でき、南北関係、朝鮮半島の前途の問題についても議論できるだろう」と条件を付けた。

また「南朝鮮が我々を刺激し、二重基準を持って押しつけながら一つ一つ言いかがりをつけた過去を遠ざけ、今後の言動ですべてのことを熟考し、敵対的でさえなければ、いくらでも南北間でまた緊密な意思疎通を維持し、関係回復と発展展望に関する建設的な議論をする用意がある」とも明らかにした。

一方、この日午前、北朝鮮のイ・テソン外務次官は朝鮮中央通信の談話で、終戦宣言の推進を「時期尚早」と主張した。イ次官は「諸般の事実はまだ終戦を宣言する時ではないことを立証している」とし「我々をめぐる政治的な環境が変わらず、米国の敵対視政策が変わらない限り、終戦を百回宣言しても変わることは一つもない」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    金与正副部長「南側が敵対的でなければ関係回復の用意ある」

    2021.09.24 15:05
    뉴스 메뉴 보기
    金与正副部長
    TOP