주요 기사 바로가기

「これ以上致命的なコロナ変異株は出てこない」 英AZワクチン開発者が主張する根拠

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.24 09:42
0
伝染力が強いデルタ株が第4波となって世界中を襲っている中、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)においてこれ以上致命的なウイルス変異株が拡大する可能性がないと主張している研究者がいる。

22日(現地時間)、英国日刊紙テレグラフによると、アストラゼネカ(AZ)ワクチンの共同開発者であるオックスフォード大学のセーラ・ギルバート教授はこの日、英国王立医学会のオンラインセミナーでこのような所見を発表した。ギルバート教授は「ウイルスは免疫力が強くなる人口の間に広がって時間が経過するにつれて徐々に致命的ではなくなる傾向がある」とし「さらに毒性が強い新型コロナ変異株が発生すると考える理由がない」と話した。

新型コロナウイルスは表面に突起のように突き出たスパイクタンパク質を使って体内に侵入する。このスパイクタンパク質が人体細胞表面の受容体(ACE2)と結合して細胞の扉を開けて浸透し、セルフクローニングを起こして新型コロナに感染させる。ギルバート教授によると、ウイルスは完全に変異できないが、新型コロナウイルスがスパイクタンパク質を変えすぎると受容体と相互作用できず人体に侵入できなくなるためだ。これによってウイルスが人体の免疫力を避けながらも依然と伝染性が強いウイルスに変異するには限界があるという説明だ。

新型コロナが結局のところ風邪や呼吸器感染を引き起こす他の季節性コロナウイルスと似てくるという予想も出した。

ギルバート教授は「(新型コロナ)ウイルスがゆっくりとした遺伝的変動を示す傾向があるが、他の季節性コロナウイルスがそうだったように、人体の免疫力も徐々に発達する」としながら「われわれはすでに4種類の人間コロナウイルスとともに生きているが、結局新型コロナもそのうちの一つになるだろう」と話した。あわせて「そこまでになるためには時間がどれくらいかかるのか、その間新型コロナを管理するためにどのような対策を立てなければならないのかが問題」と指摘した。

この日、ウェビナーに同席したケンブリッジ大学のシャロン・ピーコック教授(COVID-19ゲノミクスUKコンソーシアム局長)も「デルタ株が登場した後は非常に静かで、懸念する新たな変異株はないと考えても良いだろう」と話した。ピーコック教授は「世界中でできるだけ多くの人々がワクチン接種をすることが心配される変異株ウイルスの出現を防ぐ最も良い方法」と強調した。

専門家の中では「新型コロナは消えない」という観測が大勢だ。世界保健機関(WHO)グローバル発症対応ネットワーク議長のデール・フィッシャー氏も今月6日、中央日報との電子メールインタビューで「新型コロナが世界的にエンデミック(Endemic・風土病)になるだろうということに異見がない」と話したことがある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「これ以上致命的なコロナ変異株は出てこない」 英AZワクチン開発者が主張する根拠

    2021.09.24 09:42
    뉴스 메뉴 보기
    アストラゼネカ製ワクチン
    TOP